2015年12月30日

慰安婦問題の合意について

こんばんは、のもへです。
先日の日韓外相会談で慰安婦問題について合意をしたと報道されています。
海外メディアでも「日本は慰安婦が性奴隷であることを認めた」と書かれています。

現実問題としても海外メディアでは、日韓問題になると韓国の立場になった報道になり、
同様に、ユネスコの産業遺産認定でも、「強制徴用を日本が認めた」などと報じられています。

しかも合意文書を作成せずに、口約束で合意に至ったと言いわれてますが、
朴槿恵政権が終わって、次に左派系政権になった場合は、
慰安婦問題など蒸し返し、日本に謝罪と賠償を要求する可能性は極めて高いと考えられます。

現時点でも日本の首相が変わる度に、謝罪と賠償を要求する国です。
「韓国側が二度と蒸し返さないことを確約した」としても100%の確率で反故にするでしょう。
日韓基本条約で双方の財産請求権を放棄したのにも、朝鮮半島に残された資産の約891億2000万円(GHQによる昭和20年8月15日時点での試算)、
現在の貨幣価値換算すると約17兆円もの財産が残されていました。

金額についても韓国側からの請求額より5〜6兆円を上回る事等から双方の財産の請求権を放棄し、
経済協力金として3億ドルを無償として、2億ドルを有償で韓国を援助することとなり、
民間借款では3億ドル以上の融資されています。

個人補償については、韓国政府が責任を持って行うと両国間で合意の上で条約が結ばれています。
そして、現在において日韓基本条約は無効だと叫んで、謝罪と賠償を要求しているのが韓国の現状です。
日本政府に対して思うことは、いつまで韓国に騙され続けるのですかと問いたいです。
村山富市政権の時でもアジア女性基金を設立し補償金を出してどうなりましたでしょうか?
「もっとよこせ」ばかりに謝罪と賠償を要求しているではないでしょうか。
ゆすりたかりの民族ですから、約束を守らない国なのは明白で、日本と仲良くする気なんて無いのは明白です。
だから、行動する保守運動では日韓国交断交するべきだと訴えています。

昨日の報道では、外相会談で支援金10億円を出すと報じられているが、
従軍慰安婦を日本政府が認めた事になるだけでなく、
また付け上がって、金をよこせとばかりに謝罪と賠償を要求してきますよ。

在日や左翼の皆さんにも言っておきますが、これで解決するとは思わないほうが良いですよ。
結果的には、また蒸し返されて謝罪と賠償を要求されるますからね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←応援よろしくお願いします。
posted by のもへ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2015年12月28日

米沢市発展の為に市政に要望したい事

こんばんは、のもへです。
今年もあと僅かとなってきましたね。

先月の11月の市長選挙では、安部三十郎元市長から中川勝新市長と政権交代をしました。
現在の米沢市政では、財政問題や人口減少など様々な課題があると思います。

安部三十郎では米沢市はダメになると思った理由は、
新文化複合施設を強行的に進めた事や佐藤病院の誘致をお破断にしたなどの失政はあると思います。
他にも地方議員の先生方から話を聞きますが、市長は県や国へ陳情した事が無いと聞きます。
つまり、国や県へ陳情行かない事からには米沢市に予算が回って来ないです。
米沢環状線や米沢北バイパスなどの道路整備などで整備推進されるように働きかけをして欲しいです。

米沢市立病院の建て替えや市役所庁舎の耐震問題など既存設備面でも老朽化が進んでいます。
現在、ヨークベニマル米沢店が閉店するという話が出ている事から、
米沢駅前に市立病院を建設するという案も出ています。(現在の所は、移転予定地は決まっていない)
もし、米沢駅前に市立病院を移転させるのは駅からのアクセス面などから良いと思います。
しかし、米沢駅周辺の都市計画道路整備が進んでいない事から、救急輸送の観点から不便だと思います。
ヨークベニマル米沢店の場所へ市立病院を移転するのであれば、都市計画道路の整備をセットで進めて欲しいと願います。

現状では、館山バイパスや中心街では平日休日問わず渋滞が発生し、
冬になると積雪の影響でより渋滞が悪化します。
米沢環状線の山形大学工学部前から国道13号線まで直結する幹線道路が完成すれば、
林泉寺方面から八幡原工業団地へのアクセス利便性向上するだけでなく、
大型トラック等の運送ルートが増える事から物流ルートの分散などメリットがあると考えます。

県道2号線の丸の内交差点や山交米沢中央待合所前交差点では、
右折レーンが無い事から車の流れが悪く渋滞が発生しています。
道路各幅拡張し、右折レーンを設ける事で渋滞は緩和されます。

交通利便性が向上していけば、企業誘致やUターンや米沢移住推進事業などで
やりやすくなると思います。
コンパクトシティを構築していく事にも将来的なビジョンを作って計画を作成していく必要があります。

民主党政権時代は、コンクリートから人へと進めようとしましたが、
実際には人もコンクリートも大切です。
posted by のもへ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2015年12月22日

いわゆるLGBTについて

LGBTとは以下の頭文字から取った用語です。

Lesbian・・・・・女性同性愛者
Gay・・・・・・・男性同性愛者
Bisexual ・・・・両性愛者
Transgender・・・性同一性障害者を含む性別越境者

同性愛について、歴史的な背景などを考察してみますと、
長い歴史的文献などでも衆道というのは存在しています。

戦国時代では、戦場に女性を連れていく事が無かった事から、
同性を性欲のはけ口としてされていたという話はあります。
当時、女性=血=穢れという価値観などがあった事から、
神聖な山や祭り等で女人禁制になっていました。
今では、女人禁制から解禁されて女性も巡礼する事出来るようになっているように、
時代の流れでは変化はあります。

国内外問わず、同性愛の歴史を調べていくと、
古くから同性愛者はいることは解ると思います。
同性愛者=左翼とか短絡的には言うつもりはないですが、
青少年期の生活環境など心理学的な要因は無いとは言えないと思います。

自分が、学生時代の教師(親兄弟共に教師の家系の人)から聞いた話では、
父親が男子校で教師をしていて、同窓会で女性を見かけたので、
卒業生の嫁だと思ったら、ニューハーフになった卒業生だったというエピソードや
同性愛者になっていたという話は聞きます。
続きを読む
posted by のもへ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治