2016年03月25日

最低賃金1500円?実際に出来ると思うのか?

こんばんは、のもへです。
昨年あたりから、「最低賃金1500円に」とかデモ集会が行われています。
しかし、今の経済状況で今すぐに最低賃金1500円に出来るのか?っというとNo!としか言いようがないです。

近年では、最低賃金を20円前後と、少しずつ最低賃金が引き上げられています。
経営者の観点からしても最低賃金が上がれば人件費が高騰し、上がった分の経費を何処で穴埋めをするか悩むでしょう。
山形県内でも売上少ないコンビニでは、昼夜問わず最低賃金で募集かけているのが現実です。
都会と田舎では顧客数や売上規模も全く違います。
(オフィス街のコンビニではピーク時間帯でドリンクコーナーまでレジ並びますが、田舎のコンビニでは並んでも数人程度が普通)
都市部のコンビニでは利益も出ていて、時給1000円以上のお店も多くありますが、田舎ではギリギリでコンビニを経営していると考えられます。

スイスの最低賃金2000円以上だから、日本も最低賃金1500円出来るはずだと言っていますが待って下さい。
スイスと日本では物価も違うので、最低賃金の単純比較で例えるのは間違いですよ。
ビックマック指数でスイスと日本を比較すれば解りますが、
スイスは764円、日本は370円と倍以上も物価違いますよ。

もう10年以上も前の話ですが、「ここがヘンだよ日本人」という番組でスイス人の人が言っていましたが、
「スイスは物価が高い」と言っていたのを思い出します。
他のビックマック指数を見ても、日本より欧州の方が高いですし、単純に「○○国の最低賃金は1000円」とか主張するのは間違いですよ。

最低賃金が1500円まで上がるには、労働生産性を二倍以上に上がらないと会社はやっていけませんよ?
今の物価のまま最低賃金1500円なんてしたら、結果的には今まで2人でやっていた仕事を1人でやらないとならなくなりますし、人件費比率の高いサービス業なんてバタバタ潰れていきますよ?

結果的には、経営者も労働者も不幸になりますよ。

参考資料

世界経済ネタ帳【世界のビッグマック価格ランキング】
http://ecodb.net/ranking/bigmac_index.html
posted by のもへ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2016年03月06日

【告知】3・13 反原発団体の福島差別を許さない!怒りの国民大行進!

こんばんは、のもへです。
3月13日に郡山市にて、在特会福島支部主催のデモが行われる予定なので告知します。



在特会公式サイトより
http://goo.gl/TqxHqD

震災から5年が経った今でも、左翼によるデマにより大きな風評被害が出ています。
各地で除染作業が進んで、放射線量も減っているのに対し、今でも福島は危険だと不安を煽っています。
左翼による福島差別を許さないと抗議の声を上げていきしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←応援よろしくお願いします。
posted by のもへ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月04日

「日本死ね」とかで話題なっていますが

こんばんは、のもへです。
とあるブログで保育所に入所できなかった事で、
鬱憤が溜まっているのか「日本死ね」とかで話題になっています。

少子化と言われる時代、何故待機児童が増えたのかと考えますと、
若い世代の所得が減っている為に共働きや核家族化が進んでいる事や、
離婚などによってひとり親家庭が増えた事も要因としてあると分析しています。

各都道府県によって状況は異なりますが、待機児童ゼロを達成している自治体もあるのも確かです。
東京都世田谷区が特に待機児童が多くワースト1位になっているのが現状です。
(世田谷区長って確か社民党の保坂展人さんだったよね・・・w)
どのような状況なのか世田谷区のホームページから保育関係の資料を見てみます。

世田谷区 保育の統計資料(資料1〜6)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1812/d00036137.html

就学前人口 10.4%増
平成23年 39,837
平成27年 43,990

認可保育園入園申込数 40.4%増
平成23年 4,407
平成27年 6,175

保育定員数 30.3%増
平成23年 11,239
平成27年 14,651

待機児童数 71.8%増
平成23年 688
平成27年 1,182

在籍児童数(全体:認可保育所、認証保育所、保育ママ(家庭的保育事業含む))
33.0%増
平成23年 10,512
平成27年 13,985

在籍児童数(認可のみ)28.9%増
平成23年 8,721
平成27年 11,246

統計を見るから解りますが、世田谷区も待機児童対策に力を入れています。
保育所の需要が増えていることや、人手不足による保育士の確保問題等の問題もあって、
追いついていないのが現状と考えられます。

待機児童の解消の為にも、保育士の雇用待遇改善や、
3世帯家族推進し夫婦だけでなく、祖父母も子育てに協力していく事も必要じゃないかなって思います。
posted by のもへ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治