2016年02月19日

SEALDsの正体

こんばんは、のもへです。
昨年の安保法制反対デモでは、SEALDsが大きく注目を浴びた事はご存知だと思います。

自分で、生中継や動画をチェックしていると、いくつか疑問に思うことがありました。

・街宣車やトラックなどは、何処から借りたのか?
 借りるにしてもレンタル費を捻出するだけの資金あるのか?

・朝日新聞に意見広告を出していたが、広告料1000万円と高額だが、
 広告費は何処から出ている?

ネット上で公開されている情報ですが、要約すると裏で日本共産党が繋がっていることが解ります。
街宣車は、全労連(共産党系組合)から借りており、日本共産党からのバックアップが大きいと予測されます。
Twitterなどの情報では暴露されていますが、民主青年同盟や
朝日新聞に意見広告とか、普通の学生が1000万円の資金を集めることができるでしょうか(笑



また、最近ではT-nsSOWLというSEALDs高校生版が設立されていますが、
メンバーの一人が共産党議員の娘とバレていますね。(笑

tns1.jpg

tns2.jpg

日本共産党といったサヨクは、平和や人権といった綺麗な言葉で勧誘しオルグをしている。
SEALDsは、「民主主義ってなんだ!?」などと、自分達が民主主義で正しいと勘違いし、賛同しない者は徹底的に否定し、未来のある若者を誤った道へ扇動しているのに他なりません。
SEALDsは、実質的には日本共産党の下部組織として機能しているのは事実と言えます。


行動する保守に対して、カウンターと称し妨害活動をやっているしばき隊は、SEALDsデモに右翼民族派がカウンターをかけるとしばき隊が用心棒の如く登場していることなどから、背後では繋がっています。


左翼のブログやTwitterなどをチェックしていると、様々な資料に基いて批評をしているが、「ネトウヨ」「歴史修正主義」「レイシスト」などとレッテル攻撃し、話し合う気なんてサラサラないのも事実です。
左翼のブログでコメント承認制だったり、コメントすら受け付けてないのも少なくなく、コメントを受け付けているブログでも都合が悪いコメントに対しては、削除やIPアドレスでブロックする例が少なくないです。
要するに、話し合う気なんって無いって事です。

また、SEALDsもブロックやっちゃうよ君で、保守系の人をブロックしていますから話し合う気なんてないのは明白です。


最近の動くを見ていくと、SEALDsは日本共産党との関係も段々と隠さなくなってきている事から、要注意していかなければならないですね。


posted by のもへ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
フィリピンで反中国の学生運動家らが会合、日本からはSEALDs奥田が参加

【11日、マニラ】 2016年4月9日と10日の両日、フィリピンのマニラでアジア各国の民主化問題に関わる学生活動家による会合が開かれた。参加したのは香港、台湾、インド、韓国、フィリピン、日本などの20代の若者で、いずれも中国との摩擦に直面する国々だ。
 香港からは2014年に香港で発生した「雨傘革命運動」の中心的な人物の1人である羅冠聡、台湾からは同年3月に立法院を占拠した「ひまわり学生運動」で知られた台湾緑党の曽柏瑜ら、日本からは2015年の反安保法制デモで知られる学生団体SEALDsの代表奥田愛基らが参加した。
 集められた参加者の共通点は、安全保障や領土問題等で中国との深刻な対立を抱えながら国内政治と経済に中国の影響が及んでいる国々で不満を抱える若者という点である。会合は完全非公開で主催団体はアジア民主主義ネットワーク(Asia Democracy Network, ADN)と呼ばれる民間団体だ。ADNは2013年10月に韓国ソウルで設立された団体で、これまで世界民主主義運動(World Movement for Democracy, WMD)を開催してきた。ADN設立の主要メンバーは韓国人が中心である。
 中国共産党独裁体制の下、弁護士、作家、ジャーナリストや民主活動家の拘束や投獄等の人権侵害で国際社会から非難される中国に対抗する若者たちが集う会合で、日米同盟強化の安保法制に反対する日本のSEALDs代表らが招かれるのは不思議だ。だが韓国キリスト教系団体との接点をみればそれも自ずと理解できる。日本に香港や台湾に類似の学生団体がないことから、メディアに頻繁に露出する奥田愛基が選ばれたようだ。SEALDsの中心メンバーには韓国キリスト教系教会の信者が含まれていることから、そのつながりで声がかかったものとみられる。
 主催者の意図から反共色が非常に強い会合であるが、韓国では1960年代から冷戦終結まで国際勝共連合の活動がアメリカCIAの支援で活発となった。その影響は日本とアメリカでも強く、国際勝共連合は文鮮明の指導の下で統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の勢力拡大に利用された。統一教会は現在も選挙支援などで日本政治に強い影響力を保ち、与野党問わず自民党と民主党(現・民進党)に支援を受けている議員が多数いる。
 統一教会はこれまで平和、青少年や女性に関する団体、NGOを世界各地で数多く設立して、それに関連した会議を開き政治家や社会活動家、学者らを招いている。有力な資金源はこれまで日本での布教でマインドコントロールした信者から寄進させた数千億円の資金である。統一教会の真の目的は、統一教会の教義下での世界共通語ハングルによる世界支配である。そのために将来有望な若手政治家や起業家、文系理系の研究者、社会運動家を様々なセミナーや講演会、シンポジウム、国際会議などに招くことで影響力を保持し、それらのうち有力者が国会議員や政権中枢になった時宜をみて、統一教会が支配する世界政府を樹立しようと目論んでいる。

Posted by 11 at 2016年04月11日 10:34
誰のための「民主主義」か
 2016年5月29日放送のNHKドキュメンタリーWAVE『傘兵はどこへゆくのか 〜民主主義を求める香港の若者たち』をみた。終盤、マニラで開かれた民主主義に関する会合で、香港「雨傘運動」と台湾「ひまわり学生運動」の代表者らと日本で昨年、安保法制に反対したSEALDsの奥田愛基らが交流していた。
 かねてからこの会合については、同年3月3日付の朝日新聞朝刊で吉岡桂子記者(編集委員)が同紙「ザ・コラム」の欄、ならびに『AERA』(2016年4月4日号)で触れていた。両方に共通だったのは香港と台湾の学生運動リーダーに日本のSEALDs代表が会う「ワクワク感」を伝えたことと、会合の「非公開」を強調したことだった。
 ところが、今回公開されたNHKの番組ではなぜかその「マニラ会合」の内容が取材され放送されていた。一見NHKが朝日新聞を出し抜いたように思われるが、不思議なことに朝日新聞の吉岡記者もNHKの番組も、この会合の主催者が誰なのかについては一切触れようとしない、なぜか。
 国際的な民主主義や人権規範を無視する中国に対して、「中国包囲網」というくくりで香港と台湾、フィリピン、チベットやウイグルの若者が招待されるのは分かるが、その場には日米安保同盟強化の反対をひたすら叫ぶSEALDsはそぐわない。AERAの記事で吉岡は、SEALDsの奥田らを誘ったのは香港の黃之鋒だとしている。
 朝日新聞もNHKも単なるメディアではなく報道機関ならば、その会合の主催者は誰で、真の目的は何なのかについて明らかにすべきだろう。少なくとも両者はそれを知っていたはずだ。隠す不都合は何のためなのか。なぜ朝日の吉岡記者とNHKの日置一太ディレクターはこの点で歩調を合わせることができたのか。
 会合の主催者については、ADN(Asia Democracy Network,アジア民主主義ネットワーク)と言われている。ウェッブサイトによれば、ADNは2013年10月に韓国ソウルで設立された団体で、過去に世界民主主義運動(World Movement for Democracy, WMD)を開催してきた。ADN設立の主要メンバーには韓国人が多数参加している。
 インターネット上には「草の根市民運動」とは真逆の意味の「人工芝運動」という言葉がたびたび出てくる。香港の雨傘運動にしてもSEALDsにしても、中国の共産党独裁体制崩壊を狙ったアメリカ政府、国務省やCIA、アメリカ議会関連団体(NED)が関与してきたという説だ。
 南シナ海でフィリピンやベトナムを刺激する中国を抑止したいアメリカが絡んでいるのは一目瞭然だ。韓国はマニラ会合に呼ばれた団体が見当たらないが、主催者が韓国の組織ならば納得できる。日本政府は蚊帳の外だが、SEALDsが会合に呼ばれた理由があるとすれば、日本の誰かが「民主主義を取りもどす」以外に、日本政治を混乱させ社会の分断を促すのがADNとその背後にいる団体、そして末端の下部組織であるSEALDsの真の目的だろう。
 日置一太(NHKグローバルメディアサービス、チーフプロデューサー)は、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)の研究員の肩書きを持つ。そもそも奥田を送り出した明治学院大学国際学部関係者と繋がっている。
 安倍政権の強引な政治運営に意義を唱えている朝日新聞が、日本の一般市民と若者の代表を思わせるSEALDsを応援したいのはわかるが、仮にこれら団体の背景に韓国のカルト団体(世界平和統一家庭連合[統一教会])や国際勝共連合、アメリカ政府機関が絡んでいるとすれば大変なことである。
Posted by Ifsijs at 2016年06月13日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174118441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック