2017年04月22日

さようなら原発米沢のつどい(第44回)に潜入してみた。

のもへです。

4月となり暖かくなり、
地元でも桜の花も咲いている所も出ていると感じております。

本日の4月22日にて、米沢市内にて脱原発集会が行われると言うことだったので、
潜入して調査をしてきた。
参加者数は約30名ほどで、50代とか60代以上と中高年層が目立っていた。
若い参加者は自分を除いたとしても40代位の人が2人程度いる位だった。

17761200_1328767027200860_1624001891030947603_o.jpg

集会場の方にて、入場しましたが当方についてはノーマークで、「在特会関係者だ」とかで疑わる事もなかった。
そして、様々なパンフレットやリーフレットなどを配布してあったので入手した。
他にも置賜総合文化センターの規約で禁止されている物販も行われていた。
売られていた物は、折り紙で作った総作品、
PKO法「雑則」を広める会が作成した出版物が置いてあった。

今回は、鎌仲ひとみが作成した、
「内部被ばくを生き抜く」2012年制作のドキュメンタリー映画の上映を行われた。

その後、質疑応答や意見交換等が行われたが、
「政府の発表は信用できない」
「避難解除の基準が年間20ミリシーベルトが本当に安全なのか信用できない」
等など意見が飛び交っていた。

最後に、アンケート用紙があったので、
「甲状腺がんの数字トリック」や「福島県民は風評被害で苦しんでいる」事などを交えて記入して帰宅した。

DSC_0206.JPG

最後に、様々な資料を入手したので戦利品として報告いたします。
posted by のもへ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2017年02月10日

いわゆる日本第一党について思う事

こんばんは、のもへです。

昨年に、在日特権を許さない市民の会の元会長のこと、
桜井誠さんが日本第一党の結党を宣言し、政治活動を本格的になったと思う。
当方については、日本第一党には不参加であります。

まずは、結党理念や政策などを精査した上で、決めたいと思っている。
しかし、綱領はともかく、政策面では詰めが甘いと感じている。

例えば、公約として○○無償化を言うにしてもどのぐらいの年間予算がどれぐらいかかるのか、
財源はどのように確保するのか試算も必要だと言える。
また、「国内に無料wi-fiスポットを多数設置」や
「JRと私鉄の乗り継ぎにともなうそれぞれの初乗り料金を廃止して全鉄道路線一本化の料金体系にする」とかでも、
無料wi-fiは民間レベルで既に行われていますし、運賃の分配や第三セクターなど地方私鉄の経営負担も問題もありますし、
現実問題を考えて政策を考えているのかと疑問に思う。

地方議員を一人でも多く選出をしたいと考えているとの事ですが、
甘く考えない方がいいです。

実際に、実際にお会いした事ある地方議員の先生方とも、意見交換や普段の仕事内容などを聞きます。
Facebookをやっている地方議員の活動を見ていると感じますが大変忙しく動いています。
全国各地の自治体や企業視察や勉強会はもちろんですが、
地元のお祭りや消防団などには、積極的に参加し社会貢献に励んでいます。
支援を頂いている団体などの総会には、顔を出して挨拶をしたり、
自分の名前と顔を覚えて貰うことも大事です。

実際に、お祭りといった地域行事にあまり参加していない人が、
いきなり市町村議会に出馬して、票を貰えると思いますでしょうか。
正直に言って無理です。
一番大事なのは、顔と名前を覚えて貰うのもそうですが、
味方を増やすことも大事です。

在特会の活動を気にかけている地方議員と酒を飲む機会あり話を聞きますが、
「趣旨には賛同は出来るが、一番の問題はやり方だ。大事なのは味方を増やすことで、周知じゃなくて集知をすることだ。」と叱責を頂いています。

集知とはどう言うことなのかというと、味方を増やし一緒に活動してくれる仲間を増やす事が必要だという事です。
地方議員を選出するにも、味方を増やす事が必要だと大切だと感じます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←記事が良いねと思った人は、応援よろしくお願いします。
posted by のもへ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2016年04月26日

北朝鮮問題について考える

こんばんは、のもへです。


今回は、最近の報道でお馴染みな、北朝鮮問題について触れたいと思います。
金正日の死後、金正恩が北朝鮮の実権を握り、
政権運営をしています。


しかし、今の北朝鮮を見ていてどう思うでしょうか、
政府高官が次々に粛清されています。
叔父にあたる張成沢をも処刑し、粛清しているのが現実です。
また中国との関係の強い高官も粛清されており、
中国のコントロールも効かなくなって大変危険な状況です。


今年の1月6日に北朝鮮の核実験、
2月7日はロケット打ち上げを称してミサイル発射実験が行われたました。
そして今月の23日には潜水艦による弾道ミサイルが発射された事が確認されています。
現在、朝鮮半島は休戦状態ですが、いつ再戦の火蓋が切られてもおかしくない位に、緊張状態あると言えます。


日本国内においては、朝鮮学校に補助金よこせと言わんばかりに在日朝鮮人が騒いでいますが、金一族を崇拝し反日教育をしているのは明白です。


日本人をチョッパリ(豚の蹄)と軽蔑し、反日教育をしている朝鮮学校に、補助金を支給しなければならないのか理解に苦しみます。
それだけでなく、朝鮮学校への補助金を朝鮮総連へ横流ししている事が元幹部によって告発されています。
補助金が悪用されている事や北朝鮮のミサイル開発の資金源になっている事から、補助金を支給するべきではないと言えます。


パチンコ店には、朝鮮総連傘下の経営店があり、売上金は朝鮮総連に上納されています。
昔からパチンコをやっている人に、パチンコの事は色々と聞きますが、昔と比べて勝てないと聞きます。
また、三店方式と抜け道を使っており、違法ギャンブルではと言われる位にグレーゾーン状態です。
(事例 ダイナムだったかが東証株式市場に上場の申請拒否)
時間つぶしを理由にパチンコするにしても、ゲームセンター等のパチンコ台の方が安く遊べますし、TVゲーム機でもパチスロエミュレータもありますので代替え案として考えますね。

パチンコは、強い光などで脳に刺激を与えているのは明白で、ギャンブル依存性があります。
パチンコによって、家庭崩壊や子供を車に放置して熱中症になって亡くなる事故や誘拐事件などが発生しています。
よって、パチンコは様々な観点から無くすべきだと考えています。


北朝鮮問題を触れると、朝鮮総連の資金洗浄や朝鮮学校、パチンコなどが繋がってきます。
北朝鮮のミサイルや核開発の資金源を立つためにもやらなければならないことはあると言えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←応援よろしくお願いします。


posted by のもへ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治