もし山形でも宮崎と同じ事が起きる事を想像すると

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

危機感の無さに呆れますね。


12日の東国原知事のブログを確認しました。

> 本日までの新たな確認は、3例、殺処分対象は、
>牛豚合わせて287頭。いずれも川南町である。
> これで、これまでの累計は71例、
>殺処分対象は牛豚合わせて77,168頭である。

報道を聞いていると、日が経つとともに殺処分対象の頭数が増えています。
なのに、マスコミはまともに報道を取り上げていません。
自民党時代のBSE問題では、連日のように報道を取り上げていました。

「口蹄疫問題、ネットで“炎上” 赤松農水相に批判 「報道統制」のデマも」
赤松農水大臣の危機感の無さからして、批判を受けるのは当然です。
ましてや、まったくマスコミが報道しないのが異常だと思う。
もっと早く適切な対応をしていればここまで被害が大きくならなかったはずです。

もし山形県でも、口蹄疫が発生して多大なる被害を受ければ、
山形県の畜産業界だけでなく、観光客の減少などの影響が出て、山形県の経済はますます冷え込んでしまいます。

赤松農水大臣は、速やかに対処し、宮崎県民に詫びなければなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする