管直人総理の事で調べていたら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleで、検索してみたら偶然こんなのを見つけました。
ネタもとい生贄にしましょう。(笑

—————————————–

:名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/21(日) 15:20:24 ID:HFCe86/1
ttp://www.kangentaro.org/
ttp://www.kangentaro.org/image/naoto-gentaro2005.jpg
(略)
菅源太郎は幼い頃から政治少年だった。
小・中学校では生徒会活動に積極的に参加したが、
生徒総会での<不信任>をきっかけに、学校に通う動機付けが無くなり中3で不登校。 
中学校の生徒会で不信任案を喰らった理由。

・教師ばかりいい顔するから。(明らかな内申点狙い)
・教師の言いなり。(生徒が希望すものは拒否し、教師が禁止だといえば即日禁止)
・「戦争責任・謝罪」とうるさいから。(正直、政治に関心がない)
・教師は生徒会の人間ばかり優遇するから(遅刻減点免除。これが決定的となった。)

ちなみに不信任案は1~3年の生徒総会で出され、
校則により全校生徒の「3分の2」の支持が必要だが、
1・2年は面白がって、「不信任」を支持。(これは各クラスで工作した結果)

結果は「不信任」。
結果が出た直後、「か~え~れ!」コールが全生徒から出る。
生徒会長は半泣きになりながら、退場。→その後、全校生徒拍手!!
それ以来、彼を学校で見たものはいない・・・
ttp://web.archive.org/web/20020826063248/www15t.sakura.ne.jp/~rights/memsyo.htm

————————————————–
生徒会に不信任案なんて、初めて聞いた話ですね。
まぁ、嫌韓流でネタにもなってる強者には、ペコペコと頭を下げて言いなりになってるのを思い出しますね。
教師が生徒会の人間ばかり優遇するって、教師は公正なる立場でなければならないでしょう。


話が変わって、自分が高校2年生の時に、来年度の生徒会選挙が行われたとき、副生徒会長(Y氏)と生徒会に参加していなかった人(R氏)が立候補しました。

自分は、Y氏を応援していました。
しかし選挙結果は、R氏が勝利しました。
なぜ、R氏を応援できなかったのか理由を説明します。

・服装検査を廃止し、ずりパンやノーネクタイなどの乱れた服装の容認
 → 社会の秩序や風紀を考えたら廃止するべきでない。
・休憩室のみしかジュース類の飲食できないのを教室でも可能にする
 → 休憩室のみで飲食するという条件で自販機を設置した過去の経緯があるため不可能となった。

つまり、現実的に不可能な公約をしたって事です。
当然、生徒会長不信になります。
政治も同じです。
各政党のマニフェストをよく読んで、本当に実現できる内容なのか法律改正した場合のリスクなど考えていかなければならないと思います。
個人的に、マニフェストを読んで本当に日本を任せられる政党は、「自由民主党」と「たちあがれ日本」しか考えられません。

選挙では1票1票を大切にするためにも、選挙には投票するべきです。
よく慎重に、各政党の政策を検証し日本の国益を守ってくれるかを学んでいって欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする