【在特会】オープンミーティング【宮城支部】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。
本日は、在日特権を許さない市民の会、
宮城支部主催のオープンミーティングに参加してきました。

人集まるかなぁって思いつつ参加して、
運営関係者を含んで9名ほど参加しました。

6月20日のデモについて、反省点や今後の課題について話がありました。
仙台で保守派のデモは今までに無かったので、警察関係者から驚かれたと話がありました。

放送内容について、軽く要点をまとめていきたと思います。

・仙台での保守派のデモは今までにない快挙となる。
・好意的に、興味津々に見てくれる人が多かった。
・アーケード街へのデモは、左翼系団体も通っているコースであるため問題がない。
・マスコミに街宣デモ告知をしているが、まったく取材に来ない。
・河北新聞の若い記者が取材に1度来たことあるが、戦争の話をしたら帰ってしまった。
・歩くペースが速すぎた、間が開いてしまった。
・左翼が生中継中に乱入してきたら大歓迎で対談したい。
・今後とも保守系団体と連携を呼びかけていく必要がある。
・街宣デモ申請で、初めてだった為に手間取ってしまった。
・初めてにしては、街宣デモは大成功である。
・ザ・コーヴは、盗撮映画であるため許せない。
・山形支部や福島支部等設立の為、呼びかけや連携していく。
・宮城支部長が決まったら発表をする。
・引き続き在日問題について調査していく。

以上の話がありました。

オープンミーティング後には、懇親会が行われました。
山形支部設立した時の事や宮城や山形などの情勢の話などして、
情報交換をできたと思います。

最後に、意見交換の場を作ってくれた運営の方々にお礼を申し上げます。
日本の為に、頑張りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする