マスコミの真相

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

偏向報道とは酷いですね。
オタクやゲーマーを侮辱する要な報道が事実です。


1.BOT問題

http://blog.livedoor.jp/botbokumetu/archives/50670011.html

BOTNEWSさんで取り上げられましたが、「めざましテレビ」でユーザーが取材を受けました。

>蒼天の光ギルドマスター

>1・BOT行為
>2・RMTの存在
>3・ガンホーの対応の遅さと、ユーザーに対する対応の適当さ。
>4・外国人のアカウントハッキング等の不正行為
>5・アカウント登録者数150万ID突破の裏の背景
>6・ゲーム内のバグの多さ

このポイントを取材で伝えたそうです。
しかし、当日の特集はあまりにも酷いものでした。
伝えたて欲しいことはすべてカットされ、全く取り上げられませんでした。

もう「ガンホーはちゃんと取り締まっていますよ」と
言っているような内容でした。

自分もROSEOnlineをやっていましたので、
中華による荒らし行為にはとても頭を痛めていました。
当時RoseOnlineをプレイしていた友人に言われて、
自分もめざましテレビを見ました。

「なんじゃこりゃあああああ」な内容でとても失望した記憶があります。

ちなみに、BOTツールを使っているのは、中華を主にRMT業者が多いです。

http://blog.livedoor.jp/botbokumetu/archives/50658643.html
http://blog.livedoor.jp/botbokumetu/archives/50657246.html

海外アクセス規制されているから中国から日本のMMOに接続できないと思う人はいるでしょう。
しかし、日本国内のプロキシサーバーを経由させればアクセスはできるんです。
つまり、経路としてはこうなるのです。
プロキシサーバーを使えば、日本国内からアクセスしていると見せかける事ができるのです。
中国国内端末 → 日本国内プロキシサーバー → 日本国内オンラインゲーム

そして、中国人留学生を使って中国に送金しているのです。

2.「アッコにおまかせ」の初音ミク特集

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071015_tbs_vocaloid2/

この頃、流行った初音ミクの曲と言ったら、「みっくみくにしてあげる♪」が流行したのが記憶にあります。
個人的には、「私の時間」や「あなたの歌姫」などがお気に入りです。
初期の頃は、初音ミクの静止画を貼り付けた動画が多かったです。
だんだんと動画アニメーションや3DCGを使った動画も次々と出てきました。

Vocaloidが登場初期は、英語版のみで日本語を歌わせるにはまだまだ厳しいレベルでした。
自分が専門学生だった時に、DTMを趣味にしている担任の先生からVocaloidはコンピュータで歌を歌わせるのは画期的と大絶賛していました。

当然、マスコミはVocalidの画期的なシステムを評価すると思っていました。
しかし、内容的には「オタクが使っているソフト」「オタク叩き」と言える内容でした。

あまりにも酷い、酷過ぎる。

紹介するならクリプトン社だけでなく、Vocaloidを開発したヤマハ社にも取材して開発秘話などを紹介すべきではないでしょうか。

もう怒りと不満でいっぱいです。

気がついたら→http://sns.mynippon.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする