在特会の問題点を何故、記事にしたのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

在特会の問題点を記事にしたのには理由があります。

在特会のやり方で、疑問に思うことが多々あります。
特に一時期は、暴力沙汰などがあって酷かったと思う。

太地町の件や荒巻丈さんの件で、黙っていられなくなりました。
記事にしたのは、在特会を貶める為ではありません。
在特会が、この問題を解決していくことを望んでいるからです。

一番の理由は、自浄作用を働かせる為です。
自浄作用が働かなければ、民主党と同様に、
不祥事が起きても身内からの批判が無い状態になってしまいます。
BBSでこの問題を取り上げる人がいません。
会員の間では、自浄作用が働いてないのかと思ったからです。

一部、「文句あるなら在特会から独立しろ」とか「綺麗事を言うな」って言う声がありました。
この言葉を聞いて、「考えが違う奴は敵だ」っていう短絡的な考えに走っていると感じました。
しかし、冷静に話を聞いてくれる人もいたので良かったと思う。

BBSやmy日本経由で運営の方からもメッセージを頂きました。
自分の意見を真摯に聞いてくれたので、とても感謝しています。

今後とも日本の未来の為にも頑張りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする