中国の圧力に屈してはならない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

狡猾な中国は、日本の良心を利用して浸け込んできます。
尖閣諸島問題を見ていて、日本は中国の圧力に屈した分析しています。

中国からの観光をキャンセルしたり、レアアースの禁輸措置を取るなどの圧力をかけています。
圧力に屈した事によって、中国からは圧力をかければ日本は言う事を聞くと考えるでしょう。
中国は、相手の弱みを利用する狡猾さがあります。

そうなった時、中国の圧力に対抗しなければいけない。
掘削機械や半導体製造装置等、製造業では欠かせない機材の禁輸措置、
セーフガード発動させ、中国産の農作物に関税をかける等の対抗措置を取るべきでしょう。

民主党の政治家はレアアースの代用資源があって、もうすぐ実用化のめどが立ってきている事に気づいているだろうか。
例えレアアースの禁輸措置されたとしても、代用資源など研究開発する技術によって対処できます。

船長を釈放した事によって、中国は日本に対する要求がエスカレートしています。
中国の主張を認めれば許してくれると考えるのはとても甘い!。
逆に要求がエスカレートします。

日本の外交も中国の狡猾な外交戦略を分析し、対抗していかなければならない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする