在特会の街宣に参加してまいりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「【在特会】日本国民の生命と財産、領土を守ろう!売国民主党糾弾街宣!」
10月10日、13時30分から街宣が行われました。

自分の場合は、予定よりも1時間以上早く到着し、誰も来ていないので「日本侵蝕」を読んで待っていました。
13時頃から、だら&だら君や他の参加者や運営関係者の方々が集まってきました。

NHKの仙台支局の反対側で街宣を行っていましたが、歩行者は少なく殆どが自動車による通行者ばかりでした。
今回は珍しく、講談社の記者の方が取材に来ていました。
「どんな政権でも、常に批判・監視するのがメディアの役目」これはマスコミとして、当たり前な事だと思います。
ゲンダイなど小沢よりの記事を書いている事について質問された方がいまして、「儲かるから、売れるから上の人間が小沢や民主党を擁護する記事を書かせる」という本音を聞くことが出来ました。
取材記者の方の話を聞いて同情できる部分もあります。
しかし、偏向報道がされている現状を考えれば中立公平でないと感じます。
本当に、中立公平に報道して欲しいと思います。

在特会宮城支部より、街宣ダイジェスト動画がアップされていましたのでURLリンクを貼ります。
(ブログへの貼り付けできなかったのでURLリンクとさせて頂きました。)

前半:http://www.nicovideo.jp/watch/1286759503
後半:http://www.nicovideo.jp/watch/sm12394183

1名ほど、噛み付いてきた左翼がいましたが、勉強不足の為か無知を晒していてびっくりでしたわ。
話にならないので、話を聞いて勉強をしてくださいという事になりましたが、気がついたら逃げていきました。(笑
以前に、勾当台公園で9条の会の集会に居たような記憶があったので、自宅に帰ってから9条の会の集会の写真で確認してみました。
しかし、写ってなかったので、自分の勘違いかもしれないですね。(苦笑

菊池支部長やmy日本の宮城県コミュ管理者の安倉さんの話を聞いていて、とても勉強になると思いました。
今後とも、日本の為に頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする