奥羽本線 【 福島~米沢 】 電化工事の記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当時の事を知っている人は、恐らくここに山形新幹線が通るとは予想していなかったでしょう。
板谷峠も日本全国にある一つの難所です。
勢いを付けないと山を登れない為に、スイッチバックが採用されています。

今では、電車の高性能化によってスイッチバックをしなくても登れますが、
当時は蒸気機関車が主流で、その後に出たディーゼル特急では電気機関車に牽引して貰わないと登れない位です。
1975年には、奥羽本線が全線が電化し、485系の特急つばさが誕生しています。

自分が幼稚園児位の時に、山形新幹線工事が始まる前に、スイッチバック号(イベント)に乗車した事が記憶にあります。
そして、工事が終わって1992年に山形新幹線が開業しました。
山形新幹線の工事の時には、スイッチバックが廃止され赤庭や峠駅の場所も本線内に移動しました。

この映像を見て、昔は今より厳しい生活をしていたと改めて感じます。
奥羽本線の電化工事及び、山形新幹線工事に携わった人たちには敬意を評したいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする