尖閣諸島問題における抗議デモのまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今月の2日と16日には、頑張れ日本!全国行動委員会が主催のデモが行われました。
田母神さんをリーダーとし、多くの著名人の方々が参加されました。

弁士をされた先生方の話をyoutube等で聞いていましたが、大変に痛感できたと思っていおります。
大規模なデモで多くの国民に対して、訴えかけることができたと思います。
参加者の皆様本当にお疲れ様です。

17日日曜日には、排害社、在特会、主権回復等の行動する保守団体が秋葉原で街宣デモが行われました。

やり方については、賛否両論だと思います。
しかし、秋葉原でも中国人旅行者や中国人相手に商売している企業に、チャイナリスクを本当に考えて欲しいです。
目の先の利益を追っていては、将来的にはそのツケとしてチャイナリスクによって損失を出てしまう恐れがあります。
中国人には本当に用心して欲しいです。

尖閣諸島は、日本領土であることは既に確証がついています。
それに対して、中国で行われている反日デモはイトーヨーカドーへ襲撃といい、車を横転させる事といい、許される行為ではない。
数年前の反日デモでも民度の低さから正直に言って愚かに思えました。
ここまで成長がないとはもう愚かな国だと改めて実感しました。

中国国内で行われているデモは、官制デモと分析されている。
つまり中国政府が裏で国内において工作をしている事である。
本当に、中国人は狡猾な民族です。
彼らの狡猾な戦略には注意しなければならない。


中国の圧力には屈してはならない!

中国の狡猾な妨害には負けてはならない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする