東北地方太平洋沖地震

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東北地方において、M8.8という観測史上最大の大地震に見舞われました。
宮城県沖では10年以内に大地震が起きると予測されていましたが、まさかこんなに大きな揺れになるとは予想はつきませんでした。

3月11日午後2時45分頃に工場で作業中に大地震が発生しました。
数分間長い揺れてて、工場の外へ避難しました。
携帯電話では地震警告ブザーがなりませんでした。
(いつもならブーブーとなるんですが)

携帯電話のワンセグをつけましたが、宮城県沖で大きな地震が発生と報道されました。
また、長野県や新潟県でもM6以上の地震が発生しています。

会社の方は3時で業務停止となり、イオン米沢に買出しに行きました。
しかし、午後4時で地震の影響で営業停止となりました。

翌日、仕事があった為に通勤しておりましたが、朝から道路が大変混雑しておりました。
また、7時頃から開いているセルフのガソリンスタンドも大混雑しておりました。
会社でも重油の在庫が1週間分しか残っていない状況です。
いつもは、仙台から重油タンカーで輸送されてきますが、
何時、給油できるのか見通しがつかない状態です。

ガソリンスタンドでは、1台あたり10Lに給油規制がかかっており、一部のスタンドでは売り切れとなっている所もありました。
スーパー等では、カップ麺類やパン類、お弁当等は品切れ状態になっています。

また、宮城や仙台、福島ナンバーの自動車が目立ちました。
米沢市内は停電被害にあわず、被害が少なかった為、山形市方面や福島、宮城県等から避難や食料等の調達に来ていると予測されます。

被災地域の皆様、余震や津波等にご注意をお願いします。
在特会宮城支部長の生放送より、外国人による窃盗等の犯罪事件も発生しているとの事です。
単独行動をせず複数の人数で行動をするようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする