原子力発電について考えてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は原子力発電について考えてみる
原発問題については、多くの方々から意見を聞きます。
「存続するべき」という人もいれば「即刻すべての原発停止せよ」と主張する人もいます。

宮城県仙台市では、東北大学自治会による街宣デモが行われた様子。
ただし、東北大学自治会は中核派とつながりあるらしいが・・・・

ちょとまってくれ!
現在の電力事情は約4割が原子力発電で賄っています。
すべての原発を止めたらどうなるかは言われなくても予想は出来ます。

すべての原発を廃止するには新エネルギーによる発電を考えていかなければならない。
現在取り上げられている発電方法を調べた上でまとめて見る。

・洋上風力発電
自然にある風の力を使った発電方法でクリーンである事と、人がいない所に建てられている為に電磁波や騒音の被害が少ない。
しかし、日本は台風や強風被害が多いです。(ヨーロッパとは環境が違う)
強風対策やメンテナンス等においてコストが掛かると考えられる。
また、風が無ければ発電する事ができません。

・地熱発電
地熱の熱エネルギーによる水蒸気を利用した発電方法です。
化石燃料を使わない為クリーンエネルギーと言われていますが、熱水に有毒物が含まれる可能性があります。
また、地震誘発する可能性や温泉への影響もしてきされています。

これはマスコミではあまり取り上げられていませんが、メタンハイドレードを使った火力発電も将来は考えられると思います。
メリットとしては、化石燃料を使わないことと石油や石炭よりも二酸化炭素の排出が少ないなどの利点があります。
しかし、採算性の取れる採取方法が確立していない事やメタンが二酸化炭素より20倍もの温室効果があるのではと言われている事など問題が山積みです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする