生活保護は最終的なセーフティーネットです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今、吉本興業の芸人の河本準一氏の母親が生活保護の受給を受けていたと、
報道などを通じて聞いています。
生活保護というのは、本来であれば全財産の処分や3等身以内の親族からの援助無く、
生計が建てられない状況になった時に最終手段的に使うセーフティーネットと考えるべきです。
また、生活保護の運用厳格化で、「餓死・孤独死が増える」とか言っている人いますがそれは間違いです。
問題となっているのは、河本準一氏のように生活支援を出来るのに対して、国民の血税を使って生活保護を受給受けている事です。
「自助・共助・公序」の考えがあるように、働ける人は再就職先を見つけ生活保護から脱出し、自立しなければないです。
今の生活保護システムの問題点としても過保護すぎではないかと思います。
実際に、低所得者や年金生活している高齢者よりも月々の生活費が多い事です。
正社員として真面目に働いて、12~14万円程度の人が生活保護者が12万円かつ医療費無料などの支援があるとすると不公平感を感じざる得ないです。
ブログランキング・にほんブログ村へ ←生活保護問題に同感な人は応援お願いします。
にほんブログ村