スポンサーリンク

近藤洋介はここまで落ちた政治家なのか

12・19事件


まさに欺騙としか言いようがないです。
民主党政権になったから景気回復したのではなく、麻生政権で実施した財政出動の効果が出てきたから回復したのは明らかだと言える。
エコカー減税や家電エコポイント制度、住宅ローン減税等は麻生政権下に決められた事。
景気雇用対策も麻生政権時代のをそのまま引き継いだにすぎないですけどもねw

07.12 衆議院予算委員会 適当に摘んだハイライト

2012年7月12日の国会答弁でも、執拗なまでに野田政権を持ち上げようとしていると印象受ける。
流石に野田も「自公政権下で撒いた種が咲いた事も公平に述べなければならない」と冷やかに答弁している。
元日本経済新聞記者なら、それ位の経済知識はあって当然だと思うけどね。
「民主党になったから景気が改善しているんだ」と嘘なのを解っていながら答弁しているように見えて仕方がない。
はっきり言おう!

近藤洋介は山形の恥だ!

亡き父の近藤鉄雄氏は大変立派な政治家だったが、
近藤洋介の政治家としての素質は父親より大変劣ると言える。
次の衆議院選挙ではお灸を添えなければならんと考える。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました