米沢の新文化複合施設

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新文化複合施設について、米澤新聞などの記事で詳細が少しずつ解ってきました。
–2012年8月29日(水曜日)の米澤新聞より一部抜粋–
市長の提案説明の後すぐに小島卓二議員が新文化複合施設建設地の地元・中部地区連絡協議会から出されている「町の広場への建設反対」要望について「地元と言う重要な方と話してこなかった事は何か。市長の減給について市民に示さなかったのは今日の結果を見て出すという事だったのか」など3点について質問した。
市長「反対の要望が出て説明会を開いたが理解に至っていない。減給について1件落着してから提案するのが純粋と思っていたからだ」などと答弁。
海老名議員も、中部地区での市長説明について「地元への事前説明がなされてなかった」「市が招集をかけておいて自分が来たのだから」とか「興譲小学校の発祥の地に建てるというのに反対するのか」などと恫喝まがいの返答もあったとの情報があった」などと、中部地区連絡協議会は建てる事に、反対しているのではなく選定方法に反対しており「改めて反対」する、と言っている。などと独善的にとも受け取れる市長の対応を批判しながら質問。
市長は「言葉の使い方の誤りに気づき改めたので、了承されたと思っていた」などと弁解。
海老名議員は「当初から興譲小発祥の地として進めるべきだった。場当たり的な説明しているからこのような事態になった」などと批判を加えた。
反対討論は中村圭介議員(一新会)が「9万人が利用するまちの広場への建設は反対、市民が主役と言いながら思い通りにならないと恫喝と思える言動に走る、若い人達の話をもっと聞いて議論すべきだ」などと訴えた。
賛成討論の遠藤正人議員(自民クラブ)は「29年度に東北中央自動車道米沢福島間が併用開始される。それらのためにもインフラ整備は必要だ」と述べた。
また鈴木章郎議員(政鱗会)は「これまでこの問題について質問してきたが、納得できる答弁はひとつも貰っていない。計画の白紙撤回を求める」と反対討論をした。
———-一部抜粋ここまで—————-
議決(敬称略)
【賛成】12名
・市政クラブ 高橋義和、小久保広信、我妻徳雄
・米沢維新会 高橋嘉門
・共産党議員団 高橋ひさし、白根澤澄子
・自民クラブ 佐藤忠次、遠藤正人、鼓郁夫
・一新会 相田克平
・公明クラブ 山田富佐子、佐藤弘司
【反対】10名
・米沢維新会 小島卓二、木村芳浩
・一新会 斎藤千恵子、島軒純一、海老名悟、渋間佳寿美、相田光照、中村圭介
・政鱗会 山村明、鈴木章郎
【欠席】2名
・佐藤ひさし(議長)、工藤正雄(退場)
この会派はどの政党?と疑問に思う人がいると思うので、政党関係を記載しときます。
市政クラブ=新社会党系
米沢維新会=主に民主党?
自民クラブ=市長派に属する自民党議員
一新会=主に自民党系の若手議員中心の会派
政鱗会=みんなの党
各市議会議員の8月28日の議決に関するブログ記事(敬称略)
高橋ひさし http://ht466410.exblog.jp/18737186/
中村圭介 http://ameblo.jp/keisukeaoyama/entry-11340360533.html
渋間佳寿美 http://shibuma.exblog.jp/16711556/
海老名悟 http://ebisatochan.blog.ocn.ne.jp/tubuyaki/2012/08/post_5327.html
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする