WindowsXPのサポート終了まで後1年

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。
WindowsXPが発売されたのは、高校生の時でまだ自分用のPCもWindowsMeを現役で使っていたのを思い出します。
WindowsXPのSP1がリリースされた頃に「そろそろWindowsXPにしようかと」考えて購入して、
WindowsMeとデュアルブートさせていたのが懐かしく感じます。
安定性や信頼性が向上された事から、扱いやすくレスポンスも向上しました。
気がつけば10年近くとWindowsXPにお世話になっていると思います。
ノートパソコンの方はWindows7に更新しましたが、メインで使っているデスクトップパソコンは、
まだWindowsXPが現役で使っています。
しかしながら、あと1年でWindowsXPのサポートが終了する事から、
だんだんとハードウェアやソフトウェアでもWindowsXP非対応となるケースが出てきています。
DAW関連でもSONARX2でWindowsXPが非対応となったり、Windows7以降のみになっていたりと変わってきています。
年内にはWindows7又はWindows8への移行も考えていますが、
HDD等の一部パーツ交換に済ませて「末永くこき使いましょう計画」にしようかなど考え中です。
Core i5やi7にしたいけど予算の問題があるのでw
あと音楽ツクールDX等、Windows7非対応ソフトはVMwareやvirtualPC等の仮想環境で使うとかにして対応せざる得ないかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする