日本年金機構個人情報流出について考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日の報道で、年金機構にて125万件もの個人情報が流出したと言われている。
しかしながら、官公庁でも言えることだが、情報管理体制は金融機関やIT業界と比べると遅れている部分もあることは否めない。
一部の間でソフトバンクテレコムがシステム運用開発しているかのような話が流れていますが、
その件についてはデマなので注意が必要。
年金機構のサーバーはNTTデータと日立が関わっていますが(専門学生時代に旧社会保険庁システム関わったという講師の話を思い出すな~)、年金機構のシステムはメインフレームが主で、ブラックボックスなシステムだ。
例え、ソフトバンクテレコムが年金機構のシステムに関わっていたとしても、専用回線やデータセンターの提供くらいしかありえないと考えられる。
今回の個人情報流出の原因は、端末(Windows)を操作するユーザー側に原因があって、サーバー側のセキュリティ攻撃でないことは覚えて欲しい。
ともあれ、年金機構には再発防止対策とセキュリティ強化に努めてもらいたい。
各マスコミ関連記事
【読売】年金機構流出:3度の判断ミスで流出拡大
【ITPro】日本年金機構、標的型攻撃で年金情報流出
【産経】防衛情報も流出か 年金機構攻撃と酷似

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする