日本共産党の正体

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、日本共産党について取り上げて行きたいと思う。
11月2日にF-Secureと関連するぽよぽよちーん事件についても関連するが、
C.R.A.Cの主要人物が共産党シンパということが明白になってきたと言える。
N.K氏(別名闇のあざらし) 元日本社会主義青年同盟
BCXXX 生駒市議会の日本共産党の竹内ひろみの息子で、
    SEALDSやしばき隊に影響力のある人物である。
石野雅之 「全国大学生活協同組合連合会 総務部 システム課 課長」
      生協も実質的には共産党シンパなのが現実である。
SEALDsの活動の動きを調べていくと、安保法制の成立後は、沖縄の米軍基地反対運動や反原発と日本共産党と動きを連動しているのが明白である。
それだけにも留まらず、大阪の知事・市長W選挙では、日本共産党が自民党候補者と共闘するという方針となると、SEALDsも自民党候補者の支援に回るという醜態を晒している。
SEALDsやt-ns sowlと横文字の団体を立ち上げ、若者向けの団体を作って、反安倍・反安保などの声を上げている。そして、実質的には共産党民青の分派で、右も左も解らない若者を仲間に引き入れて洗脳していると予想される。Twitter等で、しばき隊と言われる共産党の別同部隊、反日暴力組織の中の人間が証言している事から明白である。
【KSM】特定サヨク「しばき隊」全国大学生協 石野雅之氏+ぱよぱよちーん氏(57)海外でも報道・大炎上中 #ぱよぱよちーん #しばき隊
【KSM】特定サヨク「しばき隊」ぱよちん事件が全方向に拡散中!日本共産党やSEALDsにも延焼 @bcxxxの正体がバレる
警察庁の「警察白書」や公安調査庁の「回顧と展望」に掲載されているように、日本共産党は公安の監視対象であり、過激派と同列として扱われている。
多くの人はご存知だと思うが、日本共産党は弱者の味方と称し、経済弱者や生活保護者を支援するかのような事を言っている。
しかし、気をつけて欲しい、それは弱者を食い物にして仲間を集めているという現実である。
日本共産党で違法デモなどで検索して調べると解りますが、歩道では点字ブロックを塞いだり、救急車両のスペースに街宣車を止め、救急車の進行を妨げるといった事をしてる。
憲法を守れと言っているが、道路交通法を守らない、これが日本共産党の正体である。
日本共産党の正体、生活保護不正受給を扇動する貧困ビジネス事件を暴露され公安に逆ギレ!志位和夫委員長の黒歴史も2chで暴露されるwww
日本国民の皆様にお伝え申し上げる。
「日本共産党の甘い言葉に騙されないように!」
参考資料
警備警察50年より「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_01.htm
警察庁 警察白書
https://www.npa.go.jp/hakusyo/index.htm

公安調査庁 回顧と展望
http://www.moj.go.jp/psia/kouan_kaiko_index.html
行橋市議会議員 小坪しんや 【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁)
https://samurai20.jp/2015/07/aka-6/
行橋市議会議員 小坪しんや 共産党車両が緊急車両スペースに駐車、救急車が進めず。共産党員は「いつも、ここに停めている!」と逆切れ!
https://samurai20.jp/2015/05/aka2/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする