米沢市発展の為に市政に要望したい事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。
今年もあと僅かとなってきましたね。

先月の11月の市長選挙では、
安部三十郎元市長から中川勝新市長と政権交代をしました。

現在の米沢市政では、財政問題や人口減少など様々な課題があり、
安部三十郎では米沢市はダメになると思った理由は、
新文化複合施設を強行的に進めた事や
佐藤病院の誘致をお破断にしたなどの失政はあると思います。

他にも地方議員の先生方から話を聞きますが、
市長は県や国へ陳情した事が無いと聞きます。

つまり、国や県へ陳情行かない事からには米沢市に予算が回りませんし、
米沢環状線や米沢北バイパスなどの道路整備などで
整備推進されるように働きかけをして欲しいです。

米沢市立病院の建て替えや市役所庁舎の耐震問題など
既存設備面でも老朽化が進んでいます。

現在、ヨークベニマル米沢店が閉店するという話が出ている事から、
米沢駅前に市立病院を建設するという案も出ています。
(現在の所は、移転予定地は決まっていない)

もし、米沢駅前に市立病院を移転させるのは
駅からのアクセス面などから良いと思います。

しかし、米沢駅周辺の都市計画道路整備が進んでいない事から、
救急輸送の観点から不便だと思います。

ヨークベニマル米沢店の場所へ市立病院を移転するのであれば、
都市計画道路の整備をセットで進めて欲しいと願います。

現状では、館山バイパスや中心街では平日休日問わず渋滞が発生し、
冬になると積雪の影響でより渋滞が悪化します。

米沢環状線の山形大学工学部前から国道13号線まで直結する幹線道路が完成すれば、
林泉寺方面から八幡原工業団地へのアクセス利便性向上するだけでなく、
大型トラック等の運送ルートが増える事から
物流ルートの分散などメリットがあると考えます。

県道2号線の丸の内交差点や山交米沢中央待合所前交差点では、
右折レーンが無い事から車の流れが悪く渋滞が発生しています。

道路各幅拡張し、右折レーンを設ける事で渋滞は緩和されます。
交通利便性が向上していけば、企業誘致やUターンや米沢移住推進事業などで
やりやすくなると思います。

コンパクトシティを構築していく事にも
将来的なビジョンを作って計画を作成していく必要があります。
民主党政権時代は、コンクリートから人へと進めようとしましたが、
実際には人もコンクリートも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする