SEALDsの正体

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。
昨年の安保法制反対デモでは、SEALDsが大きく注目を浴びた事はご存知だと思います。
自分で、生中継や動画をチェックしていると、いくつか疑問に思うことがありました。
・街宣車やトラックなどは、何処から借りたのか?
 借りるにしてもレンタル費を捻出するだけの資金あるのか?
・朝日新聞に意見広告を出していたが、広告料1000万円と高額だが、
 広告費は何処から出ている?
ネット上で公開されている情報ですが、要約すると裏で日本共産党が繋がっていることが解ります。
街宣車は、全労連(共産党系組合)から借りており、日本共産党からのバックアップが大きいと予測されます。
Twitterなどの情報では暴露されていますが、民主青年同盟や
朝日新聞に意見広告とか、普通の学生が1000万円の資金を集めることができるでしょうか(笑
【拡散】国会前スピーチのSEALDs≒共産党≒朝日新聞≒在日≒報ステが証明される!在日特権拡大の為に外国人参政権を日本のマスゴミが支援?
また、最近ではT-nsSOWLというSEALDs高校生版が設立されていますが、
メンバーの一人が共産党議員の娘とバレていますね。(笑

日本共産党といったサヨクは、平和や人権といった綺麗な言葉で勧誘しオルグをしている。
SEALDsは、「民主主義ってなんだ!?」などと、自分達が民主主義で正しいと勘違いし、賛同しない者は徹底的に否定し、未来のある若者を誤った道へ扇動しているのに他なりません。
SEALDsは、実質的には日本共産党の下部組織として機能しているのは事実と言えます。
行動する保守に対して、カウンターと称し妨害活動をやっているしばき隊は、SEALDsデモに右翼民族派がカウンターをかけるとしばき隊が用心棒の如く登場していることなどから、背後では繋がっています。
左翼のブログやTwitterなどをチェックしていると、様々な資料に基いて批評をしているが、「ネトウヨ」「歴史修正主義」「レイシスト」などとレッテル攻撃し、話し合う気なんてサラサラないのも事実です。
左翼のブログでコメント承認制だったり、コメントすら受け付けてないのも少なくなく、コメントを受け付けているブログでも都合が悪いコメントに対しては、削除やIPアドレスでブロックする例が少なくないです。
要するに、話し合う気なんって無いって事です。
また、SEALDsもブロックやっちゃうよ君で、保守系の人をブロックしていますから話し合う気なんてないのは明白です。
最近の動くを見ていくと、SEALDsは日本共産党との関係も段々と隠さなくなってきている事から、要注意していかなければならないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする