北朝鮮問題について考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

今回は、最近の報道でお馴染みな、北朝鮮問題について触れたいと思います。
金正日の死後、金正恩が北朝鮮の実権を握り、
政権運営をしています。

しかし、今の北朝鮮を見ていてどう思うでしょうか、
政府高官が次々に粛清されています。
叔父にあたる張成沢をも処刑し、粛清しているのが現実です。
また中国との関係の強い高官も粛清されており、
中国のコントロールも効かなくなって大変危険な状況です。

今年の1月6日に北朝鮮の核実験、
2月7日はロケット打ち上げを称してミサイル発射実験が行われたました。
そして今月の23日には潜水艦による弾道ミサイルが発射された事が確認されています。

現在、朝鮮半島は休戦状態ですが、いつ再戦の火蓋が切られてもおかしくない位に、緊張状態あると言えます。
日本国内においては、朝鮮学校に補助金よこせと言わんばかりに在日朝鮮人が騒いでいますが、金一族を崇拝し反日教育をしているのは明白です。
日本人をチョッパリ(豚の蹄)と軽蔑し、反日教育をしている朝鮮学校に、補助金を支給しなければならないのか理解に苦しみます。
それだけでなく、朝鮮学校への補助金を朝鮮総連へ横流ししている事が元幹部によって告発されています。
補助金が悪用されている事や北朝鮮のミサイル開発の資金源になっている事から、補助金を支給するべきではないと言えます。
パチンコ店には、朝鮮総連傘下の経営店があり、売上金は朝鮮総連に上納されています。
昔からパチンコをやっている人に、パチンコの事は色々と聞きますが、昔と比べて勝てないと聞きます。
また、三店方式と抜け道を使っており、違法ギャンブルではと言われる位にグレーゾーン状態です。
(事例 ダイナムだったかが東証株式市場に上場の申請拒否)
時間つぶしを理由にパチンコするにしても、ゲームセンター等のパチンコ台の方が安く遊べますし、TVゲーム機でもパチスロエミュレータもありますので代替え案として考えますね。
パチンコは、強い光などで脳に刺激を与えているのは明白で、ギャンブル依存性があります。
パチンコによって、家庭崩壊や子供を車に放置して熱中症になって亡くなる事故や誘拐事件などが発生しています。
よって、パチンコは様々な観点から無くすべきだと考えています。
北朝鮮問題を触れると、朝鮮総連の資金洗浄や朝鮮学校、パチンコなどが繋がってきます。
北朝鮮のミサイルや核開発の資金源を立つためにもやらなければならないことはあると言えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする