民進党が希望の党に合流か!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

現在進行形で、民進党と希望の党と合併話が進んでいるようです。
例え合流したとして、維新の党の時と同様に寄せ集め政党となって、
意見がまとまらない状態になる可能性も否めないと考えます。

小池百合子都知事が代表就任となった場合は、都知事を辞任して、
衆議院選挙へ出馬する可能性も出てきましたが、
都知事就任してから1年程しか経っておらず、
都知事としての政治活動もこれからです。

たった1年で都知事職を投げ出すとなると、
東京都民を愚弄しているとしか言いようがないです。
多くの東京都民は理解に苦しむと思われます。

民進党が多くの離党者を出し、
求心力が落ちているのも、
野党としてだらしなく、
何でもかんでも、
批判していれば良いと言う感じで、
的はずれな批判が少なくないです。

森友学園及び加計学園に対して、
執拗な責任追及をしているのに対し、
蓮舫氏の二重国籍問題、山尾志桜里氏の浮気問題などに対しては、
民進党は十分な説明責任を果たしているでしょうか。
はっきり申し上げて、説明責任を果たしているとは言えないと思います。

民主党政権時代でもそうでしたが、
審議拒否や強行採決と横暴な運営をした事によって、
国民から大きな反発があった事を忘れてはなりません。

個人的な考えですが、民進党が何故、国民から支持を得られなくなったのかは、
野党としての責任能力の無さから来ていると分析しています。

また、合流するにしても、旧社会党系議員を含めリベラルの議員は、
希望の党に参加するのか?と疑問に残ります。
恐らく合流しない方向になると予想しています。
(もし合流したら大変なことになるわな)

良い方向としては、希望の党は、政策協力などで、
主に憲法改正の議論が活性化するのが理想ですが、
悪方向になって、揚げ足取りみたいな批判をまたやってるとか、
なって上手く国会議論が進まないとかなったら大変な異なる可能性もあります。

悪い方向にならないとは思いますが、
希望の党を応援出来るのかっていう点については、
正直に言って疑問に思います。

報道資料

日テレNEWS24「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整
http://www.news24.jp/articles/2017/09/27/04373671.html

NHK 民進 前原代表 「希望の党」に事実上 合流したい意向
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170927/k10011158411000.html

HUFFPOST 民進党が「希望の党」に合流する構想 有田芳生氏が批判「“悪魔”との握手だ」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/27/yoshifu-arita_a_23224213/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする