アドルフ・ヒトラーについて考えてみる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


こんばんは、のもへです。

今回は、第二次世界大戦でドイツのナチス政権において首相であった、
アドルフ・ヒトラーについて考えてみたいと思います。

ナチス・ドイツといえば、よくユダヤ人弾圧を主に否定的な意見も多く、
極悪人のように、扱われる事が少なくないです。
当方の考えとしても、ユダヤ人弾圧におけるホロコーストは評価するつもりはないです。

「ヒトラーは良いこともした」と言うだけで、
「差別主義者」だの「ネオナチ」など、
レッテル貼りする人も残念ながらいるのも現実です。
だからといって、全否定してはヒトラーの成功や失敗を学ぶ事は、
出来ないのでやないでしょうか。

何故、ドイツではナチス党が政権を取って、
多くの国民から支持を得ることを出来たのか、
そういう側面も見ていかないと思います。

第一次世界大戦後のドイツでは、
敗戦によって巨額な賠償金の負わされた事によって、
ハイパーインフレーションが発生し、
大不況に陥り、国民の生活が破錠していました。

不況により、破錠した中流階級や労働者、
農民などから怒りの声から、支持を得ることに成功したヒトラーは、
政権を取ることができました。

ナチス・ドイツがどういった政策を取ったのか、
経済面では、アウトバーンの建設など大規模な公共事業を行う事によって、
失業率を下げ、完全雇用を達成しました。

社会福祉においても、
託児所の運営や母親のための休暇用資金の配給や
大家族向けに食料の配給などの政策をしました。

医療保険や老齢年金など、セーフティーネットなど
社会保障の充実に力を入れてました。

当方としても、経済及び社会福祉政策においては、
評価するべき点ではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする