ザ・ライバル Android VS iOS

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

今回はライバルネタとして、
スマートフォンのOS、AndroidとiOSを見ていきたいと思います。

日本国内においては、iPhoneが大変人気で、
iPhone向けのケースの種類も豊富に揃っています。
逆に世界視点で見ると、新興国を中心にAndoridのシェアが高い傾向にあります。
日本市場においては、ソフトバンクが最初に提供してからというのも、
iPhoneが大変人気で販売数も多い事から、
Au及びドコモでもiPhoneの販売されるようになっていきました。

何故、日本ではiPhoneが人気あるのか理由を調べてみました。

・AndroidとiPhoneと価格差があまりない
・ケースやデコレーショングッズなど、iPhoneが豊富に揃っている。
・初心者にも操作しやすい
・女子高生などで、iPhoneを進める同調圧力があるとか

逆に、全世界を見ていくと、Andoroidのシェアが高いです。
何故、世界ではAndroidが人気あるのか理由を見ていますと、
Androidの方が圧倒的に安いという事から選ばれています。

日本では何故、Androidのスマートフォンが高くなっている理由は、
おサイフケータイや赤外線通信など、独自技術を取り入れている為、
iPhoneより割高になっていました。

スマートフォンが出始めた頃は、
今みたいに、AsusやHuawei等のSIMフリーのスマートフォンも出回っていなかった事もあって、
iPhoneが売れていた事もあると思います。

自分の場合は、スマートフォンはXperia Z5 compactで、
タブレットでは、iPad air2を使っています。

AndroidとiOSと、両方共使っていますが、
使ってみて思うことは、
双方共に長所と短所とあると感じます。

Androidの利点

・低価格機種が出ている(ASUS、Huawei等)
・アプリが豊富(自分で開発してアプリを入れたり出来る)
・カスタマイズ自由度が高い
・キャリヤの機種だと、おサイフケータイ等、機能が豊富

iOSの利点

・Apple Pay経由しかアプリを入れることが出来ない。
 (厳正審査が行われるのセキュリティ面で安全)
・ケースなどの周辺機器が豊富
・レスポンスが良い
・バッテリー持ちが良い
・旧世代機種のiOSの最新バージョンへのサポート期間が長い

簡潔にまとめてみるとこんな感じです。

操作しやすさとセキュリティの信頼性を重視したいなら、
iOSを採用されたiPhoneやiPad機種をオススメします。

自分でカスタマイズをしたり、Androidじゃないと使えない機能を使いたい等の理由があるなら、
Androidの機種をオススメします。