ザ・ライバル GeForce VS RADEON

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

本日のテーマは、グラフィックスボードの2大勢力となる、
GeFroceとRADEONを取り上げていきたいと思います。

グラフィックスボードとは、
3Dや動画再生等に使われており、
3D分野では、高速な演算処理によって、
高度なグラフィックを再現しています。

現世代のゲーム機では、PS4やXBOX oneでは、
AMD社のAPUが使われているなどが知られています。

90年代ですと、S3やMatox、3Dfxなどのグラフィックスチップメーカーが多く存在しましたが、
同業者からの買収や撤退、産業用向けに特化などによって、
一般向けのグラフィックスボードの市場では見られなくなっています。

現在では、パソコン用のハイエンドグラフィックチップを作っているのは、
nVIDIA社とAMD社の2つだけとなっており、
3D Mark等のベンチマークソフトでも共に競い合っています。

自分の場合は、GeForceとRADEON共に、
自作PCを構築する時には使っています。

両方を比較していても、
甲乙をつけがたいくらいに特徴があります。

GeForceシリーズの特徴

・消費電力が改良されて省エネ思考になっている
・日本国内のゲームソフトはGeForceに最適化されている事が多い
・ドライバーの安定性が高い
・DirectXとの相性が良い

RADEONシリーズの特徴

・動画再生支援が強い(発色が綺麗と言われる)
・ピクセルレートの処理が強く、光が当たっている所や影の処理が高速
・ドライバーがGeForceと比べて不安定
・低コスト商品は、省エネで定評がある。

ファイナルファンタジーXIVやファンシスターオンライン2等は、
GeForceに最適化されているために、ベンチマークでも大変優位に立っており、
選択肢としてはGeForceをオススメ致します。

美少女ゲームやパソコンで動画鑑賞等とオールラウンドに使う人は、
RADEONがオススメです。

個人的な考えですが、RADEONの場合はドライバーの完成度が高ければ、
もっとシェアを伸ばすことが出来ると思いますが、
環境によっては不安定になったりする事があるので少し残念だと感じます。

自作パソコンで、intelやAMDのCPU内蔵のグラフィックで物足りないとかで、
グラフィックボードで性能強化を考えている人は、
GeForceとRADEONの特徴を考えた上で選んで欲しいと思います。