スイスに学ぶ民間防衛

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在、北朝鮮による弾道ミサイル及び核実験によって、
東アジア情勢は緊迫をしています。

我が国の日本は、スパイ天国とも言われており、
西側のアメリカだけでなく、東側の支那やロシアなどのスパイが、
日本に入り込んでいて諜報活動をしていると言われています。

パヨクのように、平和ボケな人達は、
憲法9条を守れ、戦争法案だ!などのように、
半世紀に渡って日本を破壊してきた事が解ります。

日本は既に最終段階まで来ていると言われているには、
自分もはじめて知った時には驚愕しました。

第一段階「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」

戦後の日本は、多くの公職者が追放され、
左翼が大学などの教育機関や政府官僚が入り込んできて、
大学教授や政府官僚などの保守派、右翼と言われている人達が追放されています。

第二段階「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」

負けた日本に対して、「日本は戦争で悪い事をした」と、
自虐史観を植え込む事で、「全然の日本は良い事した」と、
言えない世論になっていたと言えます。

第三段階「 教育の掌握。国家意識の破壊 」

教育機関では、左翼思想に染まった教育者が、
共産主義や反政府的な事などによって、
日本人としての誇りを持てなくました。

第四段階「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」

左翼によって、憲法9条を守れだの平和だのを運動していますが、
マスコミを利用して、護憲運動や反戦運動などを大きくしていったと言えます。

第五段階「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」

今の多くのマスコミでも言えることで、
平和や人権など綺麗事ばかり報道していて、
小さな集会でも左翼活動は報道されるのに対して、
何百人規模と大きな保守系の集会やデモは、
報道しない自由を行使するというダブルスタンダードです。

一方的な意見しかないということは、
同調圧力によって、違う視点での考え方が出来なくなっています。

最終段階「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」未達成

移民政策推進などとよく良いますが、
日本の永住外国人の多くが支那人です。
外国人参政権など安易に与えてしまえば、
外国人の都合のいい政治家が選出され、
日本人の為の政治が行われなくなります。

極論ですが、小さな町村に数多くの支那人が移住してきました。
そして、外国人参政権を与えたら、
支那人の為の政治が行われるということは、
つまり、日本の町村が中国によって、
乗っ取られるという事も想定することができます。

今みたいなネット社会では、
マスコミが国民を騙し続ける事は難しくなっています。

自分たち国民一人ひとりが、日本を守りたい!と考え、
他国による諜報活動には用心しなければなりません。

<報道資料等>

・netgeek 【漫画】「憲法9条を改正したほうが戦争を防げる」が大反響
http://netgeek.biz/archives/105253

・Wikipedia 民間防衛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%96%93%E9%98%B2%E8%A1%9B

・wikipedia 日本解放第二期工作要綱
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A7%A3%E6%94%BE%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%9C%9F%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E8%A6%81%E7%B6%B1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする