今でみるインターネットセキュリティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日までにおいて、フィッシング詐欺、ランサムウェア等、
セキュリティに関連する被害が発生しています。

昔ですと、メールやダウンロードしたファイルにウイルス感染することが多かったと思いますが、
今は大変巧妙化しており、ブラウザで閲覧しただけで感染したり、
ランサムウェアの様に、身代金を要求するタイプと複雑化しています。

自分もネットでダウンロードしたファイルを解凍したら、
ウイルス感染の検知をセキュリティソフトがした事もありますし、
一時期は、フィッシング詐欺のメールも多く来ていました。
(何故か、持ってない都銀の口座関連のメール来たり)

自己防衛としては、無料のセキュリティソフト(AVG、Avast!等)をインストールをして、
不審なURLにはクリックしない等の対策を取っています。
また、ネットバンクをはじめ、多くの企業サイトでもWEBページのSSL化を図っており、
暗号化通信の重要性が以前より増しています。



最近になって、カスペルスキーやノートン等の30日間無料のお試しを利用していますが、
ランサムウェアやフィッシング詐欺といった対策が強化されており、
ネットバンキング利用時には保護機能が付いているなど、
機能が豊富になっています。

特に、個人情報やネットバンク等の利用が多い人は、
有料版のセキュリティソフトを利用することをオススメします。

他にも知人のパソコンが調子悪いなどで、修理メンテナンスをやる事がありますが、
全くセキュリティ対策もされておらず、無料で使えるセキュリティソフトを入れて、
ウイルススキャンをかけてみたら、あちこち感染していたなんて事もあります。

どうしても有料版を買う予算が無くても、
最低でも無料で使えるセキュリティソフトを入れる等して、
自己防衛をして欲しいと願っています。