愛知県第7区は山尾志桜里が当選したが白票が多いと話題に

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の選挙で、愛知県第7区では、
白票が多い事で、ネット上では話題になっています。

Twitter上で流れている情報によると、
無効票11,291票と愛知県内の各選挙区の中でダントツ多い事がわかります。

白票の多さから、「不正選挙では?」などと言ってる人がいますが、
愛知県第7区とは、どのような選挙区なのかを見ていかなければならないです。
愛知県第7区は、過去の選挙結果を見ると、
元々は民主党が、強い選挙区だったことが見受けられます。

逆風の中で、山尾志桜里が当選したのも、
日本共産党が独自候補を立てずに共闘路線だった事もあり、
自民党の鈴木淳司と、接戦となる選挙区になっていた様子です。

あくま個人的な推察ですが、
日本共産党を応援しているので、どちらの候補を応援したくない人や、
自民党は応援したくないかといって、不倫疑惑のある山尾志桜里を応援したくない人などがいて、
苦肉の策で、白票を入れた人が少なくないのではないかなって考えています。

自分も米沢市長選挙で、一度だけ白票を入れた事ありますが、
現市長の安部三十郎は落としたいけど、
対抗馬には市長としての素質が無かったという理由で入れた事あります。

自分が以前に味わった事ある考えが、
愛知県第7区ではあったんじゃないかなって思います。