ATOK2017を使ってみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

今回は、技術ネタとして、日本語入力ソフトの一つ、
ATOK2017を紹介してみようと思います。

ATOK自体は、バージョン2007を昔使っていましたが、
ATOK2017になって、かれこれ10年が経ちます。

普段は、Google日本語入力をメインに使っていますが、
比較してみても、一長一短だなって思います。

Google日本語入力が優れている部分

・単語、キーワード入力に強い
・アニメ、ゲーム、ネット用語に強い
・無料で使える

ATOK2017が優れている部分
・推測変換が優れている
・文章入力に強い
・校正支援、間違いの指摘
・ら抜き、さ抜き言葉の自動訂正
・ATOK 2017 for Windows [プレミアム]だと、
国語辞典など辞書機能が付いている。
・穢多や小人など、差別用語は初期状態では変換できないようになっている。
(報道業界だと、無意識に差別用語を使ってしまうトラブルを防ぐ事ができるんじゃないかなって)

では、どういう人が、ATOK2017がお勧めできるのかと考えてみますと、
ビジネス文章や小説などを作成する機会が多い人にはお勧めじゃないかなって思います。
自分で使ってみて思ったのが、文章入力で漢字変換精度が高いので、使い勝手がいいと感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする