SSL化で安全性の向上と弊害

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。
のもへさんの気まぐれ日誌のブログをSSL化してから、
1週間が経ち、アフィリエイト広告やモバイルページの調整などをしたりして、
より良いページの構築をしています。

SSL化によって、設定しては不具合が発生したりして、
悪戦苦闘しながらやっていますが、
やはりSSL化のメリットとしては、
wEBサイトの改ざん等を防ぐ上では必要になってきます。

Google等の検索サイトでも常時SSL化がSEO対策として有利に働く事から、
アフィリエイトサイトでもSSL化が進んでいっています。
自分はさくらインターネットのレンタルサーバーを利用していますが、
無料SSLは同業他社と比較して後発です。

アフィリエイターに、大変人気があるエックスサーバーさんでも、
無料SSLは使えますし、GMO系列のロリポップやXREAも無料SSLを対応させています。



エックスサーバーが人気あるのは、月額1000円からと若干高値ですが、
その代わり、さくらインターネットやロリポップと比べて、
レスポンスが良く高性能な事から人気があります。

以前にも紹介しましたが、
在日特権を許さない市民の会や日本第一党の公式サイトも
XServerさんをレンタルしています。

在日特権を許さない市民の会は、初期の立ち上げの時は、
XREAを使っていた様子でしたが、アクセス数の増加によって、
移転を余儀なくされた為に、XServerさんを選ばれたと聞いています。

話を戻しますが、SSL化の弊害とは何なのかと申しますと、
個人のWEBサイトを運営している人でも、
Googleアナリティクス等のアクセス解析ツールを
を利用している人も少なくなくないと思います。

どういった現象が起きているのかと申しますと、
SSL化による暗号化通信では検索ワードが拾えなくなっています。
つまり、Googleなどを使って、どのような検索ワードを使って、
自分のWEBサイトを見つけたのかが解らなくなったという事です。

対策としては、Google ウェブマスターツールを使って調べるしかありません。
自分のブログもそうですが、Googleから検索して見つける人も少なくないので、
Google ウェブマスターツールを使う手法は有りだとは思います。
取得できる検索キーワードが2,000で最大過去90日までと制限があるということを
留意しておくべきです。

情報セキュリティでも不正アクセスやWordPressで作られた、
WEBサイトの改ざんなどの被害もありますので、
予防策として常時SSL化はメリットの方が大きいと思います。