ジンバブエを例にしてクーデターを起こさなければならない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

のもへです。

昨日のもえるあじあさんのまとめサイトで、
パヨクによるジンバブエを例にしてクーデターを起こさなければならないと
Twitter上で発言されていた事から記事となってネタになっています。

自分でどんなコメントが寄せられているのか、
反論など多く集まって炎上していると思っていましたが、
自分は絡んだことありませんがブロックされていました。(笑

しかし、ジンバブエを例にとは言いいますが、
どういった国柄で、政治の性格を知らなければ語ることができません。

wikipediaやニュース情報などを見ていきますと、
ジンバブエは1980年にイギリス植民地から独立した国で、
カナーン・バナナが初代大統領に、そしてロバート・ムガベが初代首相に就任しています。
1987年に首相職が廃止され、ムガベが大統領に就任し、
2017年現在もムガベが大統領をしているなど続いています。

政治手腕を見ても、野党勢力への迫害が強く、
野党支持者への暴力・虐殺・拉致などが常態化しており、
今でも尚、恐怖政治が行われているという現状です。
2008年にも与党から造反者が出て対抗馬が出馬しそうになると、
弾圧により出馬を辞退せざる得なくなるという状況が起きています。

また報道の自由も他の先進国と比べありませんし、
報道規制がなされています。
欧米のBBC等のメディアの取材も禁じられています。

経済面では、ジンバブエ・ドルがハイパーインフレによって、
経済崩壊したというのが現状で、
原因は財政赤字をなんとかしたい政府の要請で、
中央銀行が紙幣を印刷していった事によって、
紙幣の流通量が増加し、貨幣価値が下落しています。

結果的には、ジンバブエ・ドルが廃止され、
3.5京ドルを1米ドルと交換されたことによって、
ジンバブエ・ドルは紙切れとなったに等しいです。

現在のジンバブエで軍部によるクーデターが決行された背景には、
ジンバブエでムガベ大統領による長期独裁政権が続いており、
政治的、経済政策の失政などから不満が高まっていると考えています。

日本でもジンバブエに見習ってクーデターとか言うけど、
一緒にするな!としか言いようがありません。

日本の選挙は民主的でないとでも言いたいのでしょうか?
日本に民主主義と言うならそれは間違いです。

日本は、政権与党の批判も自由に出来る権利がありますよね?
日本国民は、選挙権及び被選挙権がありますよね?

普通に考えれば解ることですが、
日本は自由民主主義国家です。

最後になりますが結論として、
ジンバブエと比較するのは間違いであると断言しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする