石嶺香織元市議に言いたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在、沖縄県の宮古島では陸上自衛隊の駐屯地の建設が始まっています。
与那国島も同様ですが、中国と国境での緊迫化から、
安全保障上の観点で防衛を強化を図る為、
尖閣諸島に近い、宮古島、与那国島、奄美大島に、
陸上自衛隊の駐屯地を設ける事が決まっています。

3月9日にFacebook上で、「自衛隊が来たら婦女暴行事件起きる」
投稿した事で炎上した事が記憶に新しいですが、
もう自衛隊員に対して侮辱的発言で職業差別しているとしか言いようがありません。

今日の日本が平和でいられのは、自衛隊が守ってくれているからという事を
忘れてはいけませんし、石嶺香織元市議の発言は許されるものではありません。

3月21日には宮古島市議会では辞職勧告決議で決議されたが、
投稿を撤回し謝罪をしたとしているが反省はしていません。

4月22日の沖縄大学のシンポジウムでは、
「自衛隊員がたくさん来たら、居酒屋でバイトしてる高校生とか大丈夫かなあとか、
女の子たち大丈夫かな、そういう不安があった」と問題発言をしていたりと、
自衛隊に対して差別的発言をしています。

もう「自衛隊に対してのヘイトスピーチじゃねーかw」と言っておきます。

先月の10月には宮古島市議会議員選挙が行われましたが、
結果は落選となりましたが当然じゃないかなって思いますし、
1期で落選するということは宮古島市の有権者からも
見放されているんじゃないかなって思います。

今日の産経ニュースで記事が出ていましたが、
陸上自衛隊駐屯地の建設妨害をする事態が発生しております。

もうあれですね。
石嶺香織氏は反省の色もありません。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする