葛飾区議会選挙で鈴木信行氏当選!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日の11月12日に葛飾区議会議員選挙の投票日となっており、
元維新政党・新風の元代表の鈴木信行氏が当選を果たしました。

今回の葛飾区議会議員選挙では、総投票数158,942.998の中で、
2,587票を獲得をしています。

今回の葛飾区議会議員選挙の当落ボーダーラインは、
2,176辺りでしたが、それよりも400票多く取れた事は
喜ばしいことではないかと思います。

鈴木信行氏とは直接お会いした事はありませんが、
維新政党・新風の代表時代の活躍をyoutubeやニコニコ動画などで
よく見ていました。

公約としては外国人の生活保護廃止などを訴えかけて当選を果たしましたが、
これはゴールではなく区議会議員としてスタートです。

地方議員の仕事としては、有権者の声を聴き、
地元ではどういった問題があるのか、
どういった方法を取れば区民の生活が良くなるのか、
考えて聴いていかなければならないと思います。

葛飾区を良くするためにどのような事を訴えかけていくのか、
気にしていますがこれからスタートです。

外国人生活保護廃止は良いですが、
これからどの委員会に所属するかによって、
活動内容も変わってきます。

年に一回は地元住民向けに区政報告会を開いて、
自分の活動を報告し、区議会でどのような事を訴えていくのかなどを
話をしなければなりません。

当方と面識のある米沢市議会議員の市政報告会に行った事ありますが、
地元住民の有権者から様々な意見を聴いたり、
酒飲みしながら市議会をどうしたいのかを意見交換をします。
実際に市議会議員の活動や報告会などを見ていても
地方議員の仕事は大変だと思いますし、
いかに味方を増やしていくかが大切なことだと感じます。

これから先としては、葛飾区議会議員として活動は、
区議会議が開かれ各議員がどの委員会に所属するのか、
区議会議長及び副議長の選出など行われると思います。

所属する委員会では自分の信念と考えを持って質疑をして行くでしょうし、
本会議でも様々な問題に対して意見をすると思います。

当然の事で言えますが、1期目で議員としての結果
残していかなれば2期目はありません。

今後、鈴木信行区議としてどのような活躍を見せるか、
とても気になる所ですが本当に頑張って欲しいと願っています。

皆様も鈴木信行区議の応援をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする