DDos攻撃を受けていたのは泉忠司氏やノアコイン批判サイトだった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、さくらインターネット、mixhost、エックスサーバーなどで
DDos攻撃にあっているという記事を当方のブログでも取り上げました。

さくら、エックスサーバー、mixhostでDDos攻撃
というタイトルで記事を書きましたが多くの人が気にしている事なのか、
多くの人がアクセスがありました。



クラッカーがDDos攻撃をするのも不都合な情報があるなど、
理由があって攻撃している事が多いです。

後々になって、様々なブログでも取り上げられていましたが、
泉忠司氏がノアコインというフィリピン政府公認の仮想通貨と
大々的に宣伝し多くの人が被害にあったとかで色々と叩かれています。
YouTubeにてノアコインの宣伝動画を見つけたの取り上げてみたいと思います。

見ていて如何でしょうか、
1万円が92億円に、10万円が920億円に化けると
誇張に宣伝がなされています。

冷静に考えて行動している人から見れば、
本当にこんな大儲け出来てたら皆金持ちになってるよ」と
ツッコミを入れたくなるだろうし、
リスクを解ってなければ手を出さないでしょう。

ノアコインの宣伝動画でもメリットばかり取り上げて、
リスクなどのデメリットは言わないというのは、
よく有りがちな商売テクニックですので、
消費者は気をつけなければなりません。

たまに成功しなかったら場合は、
返金保障しますという宣伝する業者もありますが、
カラクリとしても「ここを言われた通りにやらなかったからだ」と
指摘をして返金に応じないという仕組みです。

ノアコインが詐欺なのかどうかは、
判断は難しいですが投資をするのも気をつけなければなりません。

例えば有名な株トレーダーのセミナーがあって、
じゃあ言われた通りにやって成功するのかというと、
そう簡単には上手く行きません。
株もそうですが各企業のIR情報や経済誌などの情報から
企業分析を自分でやって判断していかないと難しいと思います。

七星明氏のブログで、
「楯突くものは削除」という記事で、
自分を批判しているサイトをGoogleに検索から
削除したと宣伝し、「風評被害対策セミナー」を開きますと宣伝し、
自分の商売に利用をしていました。

しかし、違法性とか危機感を感じたのか、
自分でヤバイと思ったのか本人でないので解りませんが、
記事は例の記事は削除されています。

DDos攻撃によって、サーバーからの応答が遅くなります。
つまり、Googleの検索仕組みから応答が遅いサイトは、
順位が落とされる仕組みとなっています。

DDos攻撃の多くは海外から攻撃を受けている事が多く、
攻撃元の特定が困難な為、
DDoS攻撃を完全に防ぐことは難しいのが現状です。

DDos攻撃は違法行為で、
日本でもオンラインゲームサイトをDDos攻撃した事で、
警察に逮捕された事例もあります。

良い子の皆さんは真似をしないようにお願いします♪

11/9 13:10 追記

ノアコインについてgoogleで検索して調べてみましたが、
フィリピン大使館からの声明で「国家プロジェクトではない」と出ていました。
ノアコインの公式サイトを確認してみましたが、
国家プロジェクトとは記載はありません。

一部の代理店で、国家プロジェクトと宣伝している所もあり
胡散臭く感じてしまうのは否めません。
下記のURLがノアコインの公式サイトみたいですので確認して頂けたらと思います。

https://noahcoin.org/

ノアコインに投資するのは人の自由ですが、
ビットコインでも言われていることで、
ハイリスク・ハイリターンであることは間違いありません。

仮想通貨に投資するのは、
よく考えてからするようにやりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする