大谷翔平選手がメジャー挑戦を正式表明!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日の各マスコミにより報じられていますが、
北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、
メジャーに挑戦をすると正式表明しました。

岩手県の花巻東高等学校卒業と、
東北にゆかりがある選手です。

2012年のドラフト会議で日本ハムから、
1位指名を受けたのを記憶に残ります。

高校時代からメジャーでも注目をされており、
高校卒業後はメジャーリーグに挑戦と、
大谷翔平選手本人もマイナーからスタートして
駆け上がっていくことを目標にしていたようです。

しかし日本ハムはお構いなしにドラフト第1位で強行指名し、
大谷翔平選手との入団交渉が始まりました。

日本ハム側も大谷翔平選手を球団に入れるために、
過酷なマイナーリーグの現状や韓国人選手で高校卒業後にアメリカへ渡って、
メジャーリーグで活躍しているケースが少ない事を大谷翔平選手に説明を行い、
日本のプロ野球で実力をつけて、メジャー挑戦した方が良いと説得しました。

結果としては日本ハムへ入団し、
日本プロ野球界でも二刀流選手として注目を浴び、
また一流なスター選手として活躍をしています。

大谷翔平選手がFA取得する前に、
ポスティングシステムでメジャー挑戦する事ができるのも
日本ハムだから出来たことだと言えます。

日本ハムはダルビッシュ有選手など、
ポスティングシステムで移籍を認めていた前例もあります。
また、日本ハムの経営方針としても球団に所属している年俸の上限を設けており、
年間の人件費予算を抑えている傾向にあり、
高額年俸の選手を置いておくよりもFA権利取得前にスター選手を
ポスティングシステムを使って移籍金を貰ったほうが合理的と考えています。

金満経営の巨人やソフトバンクに大谷翔平選手が入団していたら、
球団側はなかなかポスティングシステムでの移籍を認めないでしょう。
かつて巨人に所属していた上原浩治選手の様に、
海外FA権の取得まで待たなければならなかった可能性があります。

日本ハムが大谷翔平選手のポスティングシステムを認めたのも
大谷翔平選手の活躍と実績、経営方針などから利害一致しているからだと言えます。

これからは、ポスティングシステムで
どのメジャー球団から入札を受けるのかも注目ですし、
大谷翔平選手がメジャーの地でも、大活躍してくれることを期待して、
応援して参りたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする