動画撮影環境とか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

行動する保守運動に参加し活動をしていますが、自分が撮影班として回ることもあります。
動画を取り始めた頃は、コンパクトデジタルカメラで撮影を行い、Aviutlやムービーメーカーなど無料ソフトを活用して編集やエンコードをしていきました。

在日特権を許さない市民の会の山形支部を立ち上げた頃にCANONのiVIS HF M41を購入し、ハイビジョンでの撮影が可能となっていきます。
動画編集環境においても、VideoBrowserで編集しWMV変換しAviutlでH.264に変換と、youtube用とニコニコ動画用にデータを変換しアップロードと面倒な事をやっていました。

最近では、VegasPro13からバージョンアップさせてVegasPro15を使っていますが、Intel QSVに対応している事から、編集時間及び、エンコード時間短縮することができより快適な環境で動画を編集し作成をしています。

VegasPro Editは43,890円とプロ向けで高額なソフトウェアですが、ソースネクストの大幅値下げセールを有効活用し、お手軽な価格でお買い求め出来るのがメリットです。

動画編集ソフトでVegasProを選んで購入を考えている方は、値下げセールを有効活用する事をオススメいたします。

最近は、撮影した動画をYoutubeのみに掲載しています。
理由については、ニコニコ動画向けに再エンコードするのが面倒な事と、ニコニコ動画にアップロードしても視聴者数が減少と過疎化しておりニコニコ動画にアップするメリットが少ないというのもあります。
他にも、自分はありませんがニコニコ動画でアップした街宣やデモの動画が削除されたりと、Youtubeよりも規制が厳しくなっている事からあんまり評判もよくありません。

今後、自分が撮影した動画はyoutubeの「のもへちゃんねる」のコミュニティにアップしていくつもりでいるのでよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする