新入生に色々と言いたいこととか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、のもへです。

各地のニュース報道で取り上げられていますが、各地の大学などで入学式が執り行われています。
4月に大学などへ入学された皆様方は入学おめでとうございます
多くの学生の皆様が学業に励んで行くものと、信じて応援しております。

大学や短大などでは様々なサークルやゼミの勧誘など行わていくものだと思います。
多くの学生の皆様は学校生活を楽しみにしていると思いますし、社会に出る前の経験としても勉強になると思います。

中には、大学や短大、専門学校への進学で一人暮らしを始める学生もいるかと思います。
一人暮らしをする上でも今まで無かった事などもありますし、生活安全面でも気をつけていかなければならない事があると思います。
自分が、高校生の時によく教師などから言われていましたが、都会へ進学して一人暮らしをしていると、宗教の勧誘や訪問販売といった事に巻き込まれないようにと注意をされたのを記憶に残ります。

自分が経験した事あるのでは、布団の訪問販売や新興宗教といった宗教への勧誘などが来た事があります。
もし自分の家に、そう言った人が来た時ははっきりNo!と断る事が大切です。
訪問販売などでもそうですが、そういった人達はセールストークも上手な物なので、「話だけでも聞いておこう」としてもグイグイと話に入ってきて商品の購入を進められたりして、断りにくい雰囲気を作られてしまいます。

もし話を聞いたとしても、いらないものはNo!と断る事が重要で、もし断っても帰らない場合は「警察を呼びますよ!」と警告する事も必要となってきます。
警告を促しても帰らないとなると、不退去罪となるので大体の相手なら諦めるはずです。
それでも諦めて帰らない場合は、本当に警察を呼んで対応してもらいましょう。

大学においても様々なサークルが勧誘をしていますが、残念ながら警察沙汰を起こすような所やヤリサーだったり、宗教への勧誘を行ってるサークルも一部存在するのも確かです。
他にも、極左イデオロギーを持った全学連傘下の学生自治会もいる所もあります。

多くの大学では、そういった要注意サークルリスト公開や全学連傘下の学生自治会を認めてない所があります。
大学は高校と違い自由に出来ることが多くなると思いますが、要注意サークルなどに入って自分が被害に合わないように自己防衛して欲しいと思います。

全学連も同様で、彼らは極左暴力集団の中核派や革マル派などと繋がりがある自治会です。
最近では、中核派がYouTubeに「前進チャンネル」とか立ち上げていますが、全学連委員長などの肩書きで学生であるかのように見えますが、実際の構成員は、無期限停学処分退学処分となっており、実際は学生ですらない人物もいます。

最近の事例では、京都大学で全学連によってバリケードが作られてストライキが行われて、授業が行われないという状況が発生しました。
実態を見てみると、京都大学の学生ですらない外部の人間が押し寄せてきて授業を妨害すると、多くの大学職員や学生に大迷惑をかけている連中です。

革命を起こすとか、今でも共産主義に汚染されてたどうしよもない連中です。
福島県の農産物や子供への放射能被害は抑えられており、多くの研究者は問題ないと言っているにも関わらず、「原発推進御用学者」とレッテル貼りを行い、聞く耳を持たないのが事実です。

こういった全学連といった極左暴力集団に属する自称大学生らには関わらないようにして欲しいですし、巻き込まれると面倒になるので要注意した方が良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする