医学部の入試で男女格差が?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

のもへです。

先日より、東京医科大学にて入試による女性差別だとかで問題になって取り上げられています。
なぜ、女性差別問題が出てきた経緯などを見ると、まず文科省の裏口入学がクローズアップされていき、調べているうちに、大学入試において男女格差が出来ている事が発覚しました。

大学側の言い分としては、女性の医師を育てても結婚や出産などで寿退職する人がいる事や、外科医や救急医療など負担の大きい部署が敬遠されている等から、皮膚科や眼科などに集中してしまうなど偏りが出来てしまう為としています。
他にも、男女公正に入試をしてしまうと女性の方が多くなってしまうという事で、医師としての定着率の低い女性を敬遠するような状態になっていると言われています。

確かに、都会の人とか話は聞きますが、大手企業などに勤めている女性になると、高収入の男性と結婚して専業主婦になりたいとか言う人もいるのも確かですし、女性医師になっても結婚後や出産をしても継続して勤める人もいれば、育児に専念するために離れていってしまう人もいると言えます。

自称フェミニストの人からしたら女性差別だと感じるかもしれませんが、現実問題として女性が医療の現場から離れていってしまうといった問題があるから男女比率を考えた上で女性の合格率を下げているのが現状だと言えます。
西川女医もコメントしていますが、外科などでは体重の重い患者さんの治療で力仕事になってしまう事、女性医師には出来ない勤務もあることから合格率下げるのは当然だという件もあります。

今後、少子高齢化が進んでいくのは明らかで、医療の現場でも高齢者の増加によって負担が大きくなると予想はされますし、医師不足も問題になっていると思います。
男女共に働きやすい環境を整備し、女性医師も結婚や出産後も継続して勤務できるような環境を作っていくことが大切なんじゃないかなって思います。
また、力仕事となって女性医師で出来ないような治療内容でも、医療ロボットや医療器具などの開発によって負担の軽減ができるような環境を作っていくことが考えていかなければならない課題だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする