スポンサーリンク

「Fallout Shelter Online」をやってみた

ゲーム・アニメ・映画等

こんばんは、のもへです。

6月1日に、正式配信がスタートした「Fallout Shelter Online」(フォールアウトシェルターオンライン)というアプリゲームをやっています。
なぜやってみようかと思ったのは、最近、無料マンガアプリなどで広告が流れているので、どんなゲームなのか気になっていたというのが理由です。
アプリの広告CMとして、「Fallout Shelter Online」のプロモーションが流れますが、今回は、どんなゲームなのかを調べてまとめていきたいと思います。

「Fallout」とは?

「Fallout」とは、1997年にアメリカのInterplay社によって開発されて誕生した作品です。

世界観としては、2077年に勃発した核戦争により世界を焦土に変えました。
人類は、放射能汚染された地表から免れる為に、「Vault」と呼ばれる地下シェルターに逃れ、そこでの生活を余儀なくされます。
地下シェルターでの生活から200年が経ち、生まれた時から地下シェルターで育ち、そして地下シェルターで生涯を終えます。

核戦争後の地球を舞台にしているのも、北斗の拳のように荒廃した世界で、モンスターやサイボーグが登場するといったように、未来的な要素を取り入れているという政界缶となっています。

「Fallout」シリーズがどんな作品で、どんな時系列があるのか等の情報は、wikipediaにも詳しく書かれているので興味ある方は参照して頂けたらと思います。
ゲームとしては、アクションRPGゲーム分類されており、洋ゲーなので難易度は高い作品なのかなと思います。
(当方は、実際にゲームをプレイして遊んだことはありません)

「Fallout Shelter Online」とは?

「Fallout Shelter Online」とは、Falloutシリーズの中のスピンアウト作品で、「Fallout Shelter」のオンライン対戦などに対応しソーシャル要素を入れた作品です。
「Fallout Shelter」との違いとして「Fallout 3」や「Fallout 4」のキャラクターがヒーローとして登場するなど違いを出しています。

ストーリー的には、監督管から「テラフォーミング装置」を持ち出されて失踪した事から捜索しなければならなくなり、ウェイストランドを探検しなければなりません。
失踪した監督管を見つけ出し「テラフォーミング装置」を取り戻すのが目的として進んでいきます。

システムとして、居住者は人間に限らず、人造人間やドッグミートという犬が最初にメンバーに入ったりとバリエーションも豊富です。

イラストも洋ゲーらしいデザインで、日本人に受け入れられるかは定かではありませんが、イラストにはアニメーションがついてて遊び心があります。

ナンバーリンクのシリーズと違い、「Fallout Shelter Online」は、プレイヤーが「Vaulta」と呼ばれる地下シェルターの管理人となり、居住者に探索や討伐をさせて、食料や水、電気などの資源を集めさせたり、様々な事を行わせたり、地下シェルターの設備を充実させていったりとで箱庭ゲームを思わせる部分もあったりします。

Online機能としては、他のプレイヤーと対戦したり、ギルドを作ったりと様々なシステムが導入されています。
自分も居住者を育てて、他のプレイヤーと対戦をしてみたり、ギルドに参加してみたりと充実しています。
今後、どのようなヒーローが実装されていくのかなど、見ものじゃないかなって思います。

基本的には、スマートフォンゲームやブラウザゲームではお馴染みで、電気や食料、水といった資源は時間によって生産されていき、新た設備の建設にも時間を使います。
このゲームは難易度も優しく、ライトゲーマーにも楽しめるように出来ているのではないかなって思います。

もし、興味ある方がいましたら、ぜひダウンロードして遊んでみては如何でしょうか。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました