スポンサーリンク

渋谷警察署デモについて日本クルド人文化協会

こんばんは、のもへです。

渋谷警察署デモについて日本クルド人文化協会からFacebookにて声明文が発表されました。

日本政府、国会、警察庁、及び関係各所各位, 日本国民の皆様へ
この度先月30日の渋谷警察署前におけるクルド人のデモに関する当協会としての見解を発表いたします。関係各所へ事実確認に時間がかかり大変遅くなってしまいました。まず、当協会はデモを支持する立場ではなく、いかなる関与もしていないことを明確に申し上げます。今回の騒動の発端になったクルド人の行為は、日本の法律・慣習に照らし合わせて、擁護する余地はありません。もし彼が交通規則を守り警察の要請に適切に対応していれば、警察官もあのような対応に出たのか疑問があります。当協会はトルコ, イラン, イラク, シリア政府のクルド人弾圧への抗議運動を度々主催しておりますが、参加者はクルド人が大多数で、一部支持者の日本人が含まれるという構図になっております。今回の渋谷警察署前でのデモは日本人参加者が大多数を占めていましたが、普段クルド人の支援活動には参加されていない方々ばかりであったと確認しております。今回のような正当な理由があるとは言い難いデモはかえって在日クルド人への偏見を助長したように思われます。
在日クルド人は日本の法律・慣習を尊重いたします。当協会はこれからもクルド人が日本社会で軋轢を起こすことがないよう指導して参ります。一部の方々が今回の件に際してクルド人に関する誤った情報を拡散していますが、こちらについても控えていただきますようお願いいたします。
残念ながら、今回の件に関して、日本のメディアや学術機関、その他組織から、クルド人コミュニティとしての見解について取材がありませんでしたが、ここに当協会としての見解を表明いたします。日本クルド文化協会引用 https://www.facebook.com/nihonkurdish/posts/2633316616772373

いくつかポイントを箇条書きにまとめてみます。

・日本クルド人文化協会としてデモには賛同しない。
・事件ではク、ルド人側の警察に対する対応が悪いので擁護できない。
・在日クルド人への偏見を助長している。
・参加者の中に、日本クルド人文化協会の主催デモに参加しているクルド人はいない。
・クルド人に関する誤った情報を発信されている。
・デモ関するマスコミからの取材が全く無い。

すなわち、渋谷警察署デモに関しては、クルド人の一存ではなく、誤った情報が発信されている事から、クルド人の評判を落とす結果となっていると否定的なコメントをしています。

前回のブログ記事でも記載しましたが、デモ参加者の主要メンバーは、Antifaを掲げている共産主義者や無政府主義者で、本当にクルド人の為にやっているのかというと疑問に残ります。
事実、日本クルド人文化協会から発信されていますが、逆効果となっているのは明白で、多くのクルド人はデモに対して賛同していません。
よって、アメリカ等でAntifaデモで混乱の最中に利用しているとしか言いようがないと感じます。

スポンサーリンク

参加者の中には、当方のが所属する行動する保守団体のデモや集会に対して、妨害をするといった行為がされており、その中でC.R.A.C.(しばき隊)のメンバーがいる事が解っています。
Antifaを掲げている人物には、元セキュリティソフト会社の管理職だった人物や元地方紙の報道部長だった人がいます。
「レイシスト共の身元を暴いてやる」とSNS等で挑発的な発言を繰り返した結果、逆に自分の身ぐるみを剥がされ役付けから降ろされ自主退職させられたという事があります。

事件の真相について、有田芳生によって暴かれていますが、事件に関わったクルド人の行動は日本人であろうと許される行為ではありませんし、特定民族を差別的だったとは言い難いです。
まさに、新宿警察署デモについて思うことはフェイク情報だらけだという事が解ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました