スポンサーリンク

UUUMで脱退者が続出しているとか

こんばんは、のもへです。
今北産業的なネタですが、最近ではUUUM所属のYouTuberが脱退者(卒業・退所・脱退)が続出しているという事がネット上では話題となっています。
UUUMとは何なのか?なぜ脱退者が続出しているのか?をまとめて行きたいとおもいます。

UUUMとは?

UUUMとは、解りやすく言うとYouTuber向けの芸能事務所で、YouTuber向けにマネジメント、動画制作サポート、企業案件、経理関係のサポートなどを行っています。
マルチに活動しているYouTuberも多く、グッズの販売、イベント、音楽CDの作成といったように様々な企画を立てて、Youtuberの活動をサポートしています。
YouTuberとのタイアップでスマートフォン向けのゲームアプリなどが作られており企業展開を大きくしています。

最近では、吉本興業と業務提携を結び、YouTuberと吉本芸人とのコラボや吉本芸人のYouTube動画制作のサポートといったように事業を多くしてきています。

UUUMなどの事務所に所属するメリットは?

メリットとしては、企業案件の仲介や経理面で税理士を紹介して貰ったり、お店や企業などの関係者へのアポ取りなど、様々なサポートをしてくれるという事が上げられます。
YouTuberは動画制作をしているうちに躓く時があると思いますが、 問題解決をしていく為にアドバイスや新たな市場価値を見つけるためのマネジメントをして貰えますし、YouTuberに向けて様々な運営サポートを行われており、事務所所属する事によって恩恵をうける事ができます。

脱退者一覧

木下ゆうか
関根理沙
ハイサイ探偵団
にしやん
すしらーめんりく
実況者ねが本拠地
ヴァンゆん
ブレイクスルー佐々木
パオパオチャンネル
プリンセス姫スイートTV
おのだまーしー
釣りいろは
なないろちゅーぶ
レンボチャンネル
美音
COCOCORO
ななとGames
JJコンビ
はこ
キットチャンネル
マーキュリー商事
のっき
エミリン
ジュリディ
マリリン
ほしのこCH

スポンサーリンク

なぜ脱退していくのか?

主に、脱退しているYouTuberは中堅以上の再生数があり、相当な広告収入を貰っていると言われています。

あるYouTuberでは月に500万円以上稼いでいるとも言われており、UUUMには20%のマージンを支払わなければならず、例えば毎月500万円の広告収入を得ていたら、20%の100万円をUUUMに納めなければなりません。
月に1000万円なら200万円と巨額な費用を納めなければならず、UUUMに所属していてマージンを払うだけの価値があるのかという不満が大きいと言われています。

また、企業案件については、Youtuberに詳しくない企業対して、UUUMが仲介役となって仕事を紹介するというようにパイプ役になっていましたが、最近では企業側が直接本人に依頼する事が多くなり、UUUMを介するメリットが薄れてきているという事が考えられています。

YouTuberは映像制作会社

中堅以上のYouTuberは、ほぼ毎日のように動画をアップロードしています。
しかし、一人で撮影から編集といった事をすべてやるのは大変な労力が必要となってきますので、専属で映像制作スタッフを雇っていたり、DIYやカメラマンなどサポートをするスタッフを雇入れていたりします。
よって、YouTuberには、小規模な映像制作会社となっている所があり、スタッフには給与を支払っていかなければなりません。

中には節税対策として法人化させて、YouTuber本人は役員報酬、スタッフには給与として払っている所もあると考えられますし、ならばUUUMに委託するよりも経理事務や営業のスタッフを自分で雇い入れて、自分で顧問税理士と契約してやった方が費用対効果が大きいと考える人もいるかもしれません。

今後、UUUMとYouTuberとの関係を良くするには

今後、良好な関係を築いていくには、UUUMとYouTuberが対等な関係であるという事を忘れてはいけませんし、双方が納得できるようにしていかなければならないと思います。
UUUM側はすべての要望を受け入れろとは言うつもりはありませんが、マージンを納めている事に恩恵を受けられるように様々なサポートを強化していかなければならないと思いますし、マージンの比率の見直しも一つの駆け引きだと思います。

脱退されれば、UUUMとしての売上は0となってしまいますので、YouTuberの脱退を抑制する為にも数%でも良いのでマージンの引き下げを認めるなど妥協をしていく事も必要だと思います。
例え、脱退したYouTuberにおいてもまっさらに関係を切るという事をせず、他のYouTuberとのコラボなど協力できる事はやるなど関係は続けていくことを大切にしていくべきではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました