スポンサーリンク

ドコモ口座にて不正利用が発覚

IT技術関連

こんばんは、のもへです。

先日の報道によると、ドコモ口座にて不正に銀行口座から預金が引き出されていたということが発覚しました。
ドコモ口座とはどういったサービスなのか、事件の経緯についてまとめていきたいと思います。

ドコモ口座とは?

ドコモ口座とは、NTTドコモが提供しているサービスで、VISAプリペイド、お金の送金、受け取り、チャージが出来るサービスで、ドコモ以外の携帯電話利用者のd払い決済にも利用されています。
プリペイド決済と同様に現金をチャージして利用をする事から、d払いなどの決済に利用されています。

ドコモ口座へのチャージ方法としては、銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニ、ペイシーの4つの方法が利用出来るようになっています。

なぜ銀行口座からドコモ口座に不正送金されたの?

原因としては、ドコモ側の本人確認が不十分で、本人になりすましてドコモ口座を開設し、第三者が何らかの形で名義、口座番号、暗証番号を入手し、不正に銀行口座から送金された事が言われいます。
また、各銀行のオンラインシステムでも二段階認証を設定されていない顧客の口座から不正送金されている事からシステム構造に不備があったと考えられています。

本来、銀行口座を開設する場合は、身分証明書のコピー及び銀行印の届け出が必要な事からなりすましというのは難しいですが、ドコモ口座の場合は名義、銀行口座番号、暗証番号を知っていればなりすましで登録可能となっている事から、不正利用が出来てしまう脆弱性があったのではいかと考えられます。

近年のネット銀行の決済においてもワンタイムパスワードやSMSを使った二段階認証を導入したりとセキュリティを強化しています。
よって今回の事件については、ドコモ側のシステム不備というのが大きな原因と考えられます。

受付停止中の銀行口座

【重要】銀行口座登録の申込受付停止および一部銀行のチャージ停止について(2020年9月11日10時更新)

平素はドコモのサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、下記のサービスの利用を停止となっております。■受付停止内容
・全提携銀行における銀行口座登録
・全提携銀行における銀行口座変更
・一部銀行におけるチャージ停止

<チャージ(入金)がご利用いただけない銀行>
・ゆうちょ銀行
・イオン銀行
・伊予銀行
・大分銀行
・大垣共立銀行
・紀陽銀行
・滋賀銀行
・七十七銀行
・仙台銀行
・第三銀行
・千葉銀行
・千葉興業銀行
・中国銀行
・東邦銀行
・鳥取銀行
・北洋銀行
・みちのく銀行
・琉球銀行

お客様にはご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
ご利用再開につきましては、改めて、本お知らせにてご案内いたします。
https://docomokouza.jp/maintenance/info_20200910.html

今後の対応について

今後の対応として考えられる事は、金融庁から業務改善命令が出される事は必然だと予測されますし、ドコモ側としても本人確認のより厳格化させていく必要がありますし、銀行口座との紐付けも認証方法の見直しが必要となってくるのではないでしょうか。

これ以上の被害者を増やさない為にも、原因究明と再発防止に努めていかなければならないと思いますし、キャッシュレス決済を普及させていくにしても不正アクセスなどに消費者が被害にあってしまう事は想定される事です。
よって、不正利用対策には今後も再発防止に務め、未然に防ぐ対策を取っていかなければならないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました