スポンサーリンク

マッチングアプリってどうなの?

日記

こんばんは、のもへです。

今年の婚活事情は新型コロナウイルスの感染拡大防止によって、婚活パーティなどの各種イベントが延期や中止となっており、三密を避けるためにも出会いの場を設けるのも難しくなっています。
婚活の場もオンラインでの活動がメインとなっており、オンラインでのお見合い、マッチングアプリを使うといった方法にシフトしています。

自分も去年は婚活パーティには参加してみましたが、女性との会話を楽しんでLINEの連絡先を交換しても、後にLINEでメッセージを送っても無視されたりとで空回りして失敗に終わった事があります。
社交的な人なら婚活パーティが向いていると思いますが、自分には向いていないと感じており、マッチングアプリでの婚活を始めてみました。

今回は、マッチングアプリについて現状などを踏まえて考えていきたいと思います。

マッチングアプリとは?

マッチングアプリとは、恋愛や結婚などの出会いを目的としたアプリで、代表的なアプリとしては「Pears」「With」「タップル」などがあります。
各アプリでは男女比率は男性が多い傾向にあり、男性会員が有料で女性会員が無料と設定されている事が多いです。

使い方としては、異性のプロフィールを閲覧して相手の事を良いなぁと思ったら「いいね」ボタンを押します。
そして、相手の異性も良いなぁって思ったら「いいね」ボタンを押す事によって、マッチングが成立して相手とのメッセージのやり取りが出来るようになるというシステムです。

最近では、YoutuberやTVなどのメディアでも取り上げられる事が多くなり、会員数も伸ばしているという話も聞きます。

実際に使って見てやり取り出来るのか?

自分もマッチングアプリを利用していて、女性とやりとりできたのかと言うと、何人かの方とマッチングする事ができてやりとりする事ができました。

しかし、現実的にはマッチングアプリの会員数は男性が多く、あるマッチングアプリを利用していましたが、多くの男性のいいね数が5未満で女性のいいね数は平均で50前後貰っていたりとしますので競争率が高い傾向にあるという事があり、実際にメッセージやり取りをしていてもなかなか続かない事が多くなかなか難しいというのが現状だと思います。

人気のある男性会員のプロフィールを見ると、年収600万円以上だったり、職業がコンサルタント業務、医師、国家公務員だったりとハイスペックな男性に集中している傾向にあり、ハイスペックでない男性陣はマッチングしてやり取りするまでには相当な根気ある活動をして行かなければならないと感じます。

プロフィール写真と別人だったりするって本当なの?

実際にマッチングアプリで相手にお会いした事ある方の話などを聞いてみると、マッチングアプリのプロフィール写真とは違うというのはよくある話です。
スマホなどでも美白系アプリも数多く存在し、自分の顔写真を加工することは簡単に行うことが出来ます。

正直に言うと、マッチングアプリを利用するにしても相手の容姿に関して言えばあんまり気にし過ぎない方が良いと思います。
外見ばかりを気にしすぎていては、相手の性格などの中身が見えてこないと思いますし、実際に外見ばかり気にしていては交際相手なんて見つからないものだと思います。

確かに、40代の人が20代の頃のように若い時の写真を使ったり、全く別人の写真をプロフィール写真にするのは論外だとは思いますけどね。(笑)

実際にマッチングアプリはオススメできるのか?

マッチングアプリをオススメできるのかというと、出会いの場が無く機会がなかなか無いという人にはオススメ出来ると思います。

恋愛は駆け引きですので、メッセージのやり取りや連絡頻度もなども含めてですが、相手の異性を見極めつつやり取りする必要があると思います。
自分もマッチングアプリで何人かの女性とやり取りをしていましたが、一人の女性をお会いするまでに行く事ができました。

マッチングアプリなどで出会いを考えている人は参考にして頂けたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました