スポンサーリンク

作曲家すぎやまこういち先生がご逝去

ゲーム・アニメ・映画等

こんばんは、のもへです。

本日のニュースによると、9月30日に敗血症性ショックの為にご逝去されたと公表されました。
90歳と長寿を全うされましたが、最新作のドラゴンクエストⅫにも参加していて、亡くなられるまで現役で作曲活動をされていました。

すぎやまこういち先生については、多くの方々がご存知だとは思いますが、代表作品としてドラゴンクエストシリーズの作曲家として有名だと思います。
ドラゴンクエストが発売される前までは、歌謡曲やアニメ作曲家等で活躍をしており、競馬ファンには有名ですが競馬のファンファーレにも作曲された作品が使われています。

当方が幼少期においては、ドラゴンクエストシリーズで初めてすぎやまこういち先生の楽曲に振れ、アニメ作品では魔法騎士レイアースでは音楽監修として参加されていたのを印象に残ります。

ドラクエのエピソード

ドラゴンクエストに製作参加エピソードを知って、ファミコンの性能で3音でオーケストラを再現するというのはスゴ技だと思いますし、昔はDTMをやっていたので見習いたい所が多くあって学ぶことが多いと感じます。

1985年8月にエニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたパソコン版ソフト『森田和郎の将棋』の序盤の駒の組み方に疑問を持ったすぎやまは、同ソフトに添えられていたアンケートハガキを熱心に書いたが、投函するのが面倒になりほったらかしにしていた。妻がそれを見つけて投函したところ、エニックスの担当者からゲーム音楽の依頼が入り、『ウイングマン2 -キータクラーの復活-』の作曲を担当することになり、エニックスとつながりができた。

その直後、同じくエニックスがプロデュースしていた『ドラゴンクエスト』に、内部スタッフが作った音楽の出来が良くないという事態を受けて、エニックスから依頼を受けて制作に参加した。しかし当時の開発陣であるチュンソフトは学生のサークル活動の延長上にあり、さらにはチュンソフトによる「ドラゴンクエスト」のゲームサウンドがある程度出来上がった時期でのすぎやまの参加が伝えられたため、特に中村光一は強く反対をした。初対面時は「異分子が入ってきたぞ」「よそ者だ」と警戒され、「ゲーム好き」というのも信じてもらえずに色眼鏡で見られていたという。堀井雄二や千田幸信が間を取り持ちつつ、すぎやまは場の雰囲気を和らげるため、バックギャモンの話に始まってゲームにまつわる話題で会話をするうちに無類のゲーム好きであることが伝わり、当時日本に二台しかなかったビンゴ・ピンボールにハマり仕事後数時間かけて横浜に行って遊んでいたことなどを話す内に尊敬のまなざしを受けるようになったという。こうして一ゲームファンとして受け入れられていった末に正式に作曲を依頼されこれを受託し、作曲に携わることになる。

当初はロック調でと注文されたが、ゲームの世界観が「中世の騎士物語」ならばクラシック調がふさわしいとすぎやまは主張し、クラシックをベースにした基本コンセプトが固まった。マスターアップ直前のことであり、1週間で全ての楽曲を製作。すぎやまはCMなどの音楽で短時間での作業の経験(最も短いもので、12時間で仕上げる依頼もあった)が豊富であったため可能な作業でもあった。またすぎやまは「ちょうど作曲が好調な時期だったことも大きかった」としている。「序曲」のメロディはすぐに出来、それを「54年と5分で出来た曲」(パブロ・ピカソの「1分プラス80年だ」という言葉に感銘を受けて真似をした[46])と言い、それまでの54年の人生があって初めて「序曲」を生み出すことができたという言い方をしている。また、ゲームのフィールドや戦闘中の音楽に関しては、「何百回も聞くものであるから、聞き飽きないものを心がけている」という。編曲に関しては、本来ならばオーケストラで演奏する編成を、ファミコン音源の3音へ絞り込むのに苦労したという。以降、全シリーズの作曲のみならず開発の初期段階(企画立案の段階)からプロジェクトチームの一員として参加している。そのため、テストプレイヤーとしてもエンディングのスタッフロールで名を連ねている。

引用 wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%84%E3%81%A1

ゲーム業界の黎明期においては、楽器も演奏した事もあまりないようなプログラマーがMMLで打ち込みをしてゲーム音楽を作っていたという話もよくありました。
当時としても作曲家として成功を収めていて、ゲーム音楽とは畑違いのすぎやまこういち先生がスタッフとの信頼関係を築き上げて、クラシック調の楽曲が作られたという事もゲーム音楽において大きな影響があったのではないかと思います。
また、すぎやまこういち先生自身もゲーマーであった事から、作曲家としての制作だけに留まらず、テストプレイヤーとしても参加している事も大きな積極的に活動をしていたという印象がを持っています。

保守活動家として

保守界隈においても保守系のyoutubeチャンネルのチャンネル桜への出演、頑張れ日本行動委員会や朝日新聞を糺す国民会議等の団体への呼びかけ人・発起人として活発に活動をされていました。
街頭演説、youtube等で政治的な考えなどを主張されるなどを行われていて、頑張れ日本では楽曲提供するなど精力的に行動をされていました。

先生が応援している国会議員らには楽曲提供、政治献金などの直接的な支援もしており、松原仁・稲田朋美・城内実等の議員を応援されていました。

個人的にもすぎやまこうち先生に賛同出来る主張もあれば、少し考えが違うなという考えも当然の事にあります。
しかし、保守言論人としても多くの活動に参加をしており、先生の行動力には大変尊敬に値すると思っております。

最後にまとめる

すぎやまこういち先生は、作曲家として、保守言論人として、多くの活動をされており、日本の社会においても多大なる影響力があったと思っています。
多くの作曲家、サウンドクリエイターからも多くの追悼の声がSNSを通じて発言がされています。

ゲーム業界においてもゲーム音楽の先駆者の一人で、多くの事で影響力があったと思います。
音楽において多くの感動を与えてくださってありがとうございます。

コメント

  1. aki より:

    民主党政権の経済破綻危機を繰り返さぬ為

    ブログ主様、こちらとは関係の無い内容大変恐縮ですが、この度は皆様に今一度目を通して頂きたい事があり、失礼ながら書込ませて頂きました。

    国民として忘れてならない2009年、マスコミの全面応援で誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし(公約に反し消費も増税)、

    超円高誘導で国内産業が空洞化、株価は8千円代まで下がり、日本経済は当時破綻寸前まで追込まれた事は周知の通りです。

    自民党政権に戻り、成果面が極小化されていますが雇用の改善、経済をはかる失業率は統計以来一番下げ、就業者数は歴代政権2番目に増やしており(コロナ以前)、

    前政権で悪化した日米同盟を修復、安全保障を強化し、世界における日本の地位を向上した事実は各国の評価を見れば明白です。

    メディアに流されず国民生活に直結する客観的事実を見なければ、再び2009年の悪夢を繰り返しかねない事(今回立民は共産と共闘)、

    その為に自ら情報を拾い判断する大切さや、
    国民1人1人の投票で政権をも決定する重さをどうか知って頂きたいと思い、こちらを貼らせて頂きます。
    https://pachitou.com/2021/08/15/国民の敵マスゴミとの戦いの正念場/
    長文、大変申し訳ありません。

タイトルとURLをコピーしました