スポンサーリンク

日本第一党の桜井誠党首の同性愛疑惑とか

こんばんは、のもへです。

当方については、在特会時代から行動する保守運動に関わっていて、現在は東国保守の会として活動をしていますし、桜井誠党首とは在特会時代に何度かお会いした事ありますし、懇親会などで近くの席でお酒を交わした事もある関係です。

東国保守の会の活動においては、日本第一党関係者とも一緒に活動をしていますし、活動において様々な集会や街宣活動などで一緒に協力してやってきていましたし、今までの義を持って日本第一党に対しては言いたいことをあっても控えていた部分もあります。

桜井誠党首が同性愛者じゃないのかという噂は、日本第一党が設立される前後位からは一部の活動家から話を聞いていましたが、例え同性愛者だからと言って桜井誠党首のセクシャルマイノリティーについてとやかく言う必要ないと思っていたし、一般論的に組織として恋愛トラブルさえ起こさなければ良いと思っています。

3月初旬あたりから、日本第一党の桜井誠党首が同性愛者で中核派の青年と交際関係があったとかで疑惑の情報が各所で流れていて、行動する保守界隈では様々な論争に発展しているという印象を持ちます。

ネット上では、LINEでの桜井さんと中核派のこうくんとのやり取りのスクリーンショット、音声が流れています。しかし、この情報の真偽については裏を取れているわけじゃないので定かではありませんが、中核派のこうくんという子は行動する保守運動に参加していた青年で保守から革新系の中核派に転向した青年だという話を聞いています。

ここまで、行動する保守界隈で桜井誠批判が大きくなってきている背景にも、日本第一党に対する不満が高まっていて多くの離党者が続出している事や日本第一党側もこの件については声明文を出さずに静観している事でなかなか炎上騒動が落ち着かない事が問題ではないかと思います。

また、桜井誠党首の問題があるとは思いますが、自分の間違いを認めず、売られた喧嘩は買うタイプである事から火に油を注ぐ結果となっていると思います。

桜井誠党首に言いたい事は、例え同性愛者で男色趣味があろうととやかく言うつもりはありませんが、表沙汰にされてある事ない事を言われるのもどうかと思いますし、この問題についてしっかりとけじめを付けて説明しなければならないと思います。

また日本第一党としても、党首とこうくんとの関係性の事実関係などについて正式な声明文を出して、間違っていた事が間違いと認めて謙虚に反省して対応して行くべきではないでしょうか。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました